【仮想通貨】コインチェック、NEMの補償が決定。ガチホ勢には辛い決定

ふーらいです

ふーらいです! バリバリのコインチェック使いです!!

昨日の流れはこんな状態でして……

MHWで盛り上がっている間、仮想通貨では大事件! コインチェックから大量のNEMが盗難。被害総額580億円!?

580億円近いNEM流出により、コインチェックの売買機能が完全に停止。コインチェックに預けてある資金は出金も送金もできず、事実上の資産凍結状態になりました。

「倒産するのではないか」「夜逃げの準備なのでは」と噂だけが飛び交う状況の中、ようやく公式から発表が。

スポンサーリンク

NEMの補償について

1NEM88.549円として、日本円で返金されることになりました。

算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。

不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について | コインチェック株式会社

とりあえず返金ですので、ゼロになる可能性はなくなりました。良かった良かった……

ただ「CoincheckにおけるNEMの売買停止時」とは今月一番NEMの価格が落ちてる時間帯であり、ぶっちゃけ大損です。コインチェックの反応後にNEMの価格が上がっているのが拍車をかけて辛いです。

しかも、利益確定をされると雑所得扱いとなり、税金がかかります。ガチホ勢にとってこれはかなり辛い話です……んー、補償で受け取ったお金に対する税金ってどうなるんでしょうね。

とはいえ、さすがに今そこそこの値段を付けてるNEMを買い付け直すのは、盗難被害者でもあるコインチェック側に求めるのも酷かもしれません。

補償時期や手続きの方法はまだ検討中とのこと。続報が待たれます。

ウォレット管理にするべきなのか

どうしよう

今回の件は、コインチェックに預けたままだったからこそ起きた資産凍結と言えます。

コインチェックでも、自分の資金を確認する場所はウォレットと書いてありますね。

ウォレットとは財布のことです。仮想通貨を財布に入れて持っている感じ。しかし、コインチェックの財布に入れておけば、コインチェックが失敗すると自分の財布の中身もパクられてしまうことになります。

となると、財布はこちらで別に用意した方がリスクは下がるのですが、今度はコインチェックの様々な銘柄を全部詰め込めるウォレットは、ほぼないという悲しい結論に。

1銘柄1万円でやり繰りしてる私としては、下手に動かすと手数料だけが取られて辛い。

うーん。

大金を使っているなら、手数料の割合が小さくなるので、ぜひウォレットを利用するべきです。ソフトウェアウォレット(ダウンロードしてオンライン接続で使うタイプ)とハードウェアウォレット(USBなどで繋いで使う)があります。

安全性で言えばハードウェアですが、これは値段が高い。1万円超えます……

私は、今後どうするかはもうちょい考えます。安全性は高めたいけれど、それをするには私の投資額は低い。しかし、これ以上額を上げることは考えていません。どうしようかなぁ。

以上だ! また会おう!!

スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

フォローする