【仮想通貨】どの銘柄も大暴落! 原因は仮想通貨規制の動きか

ふーらいです

ふーらいです!

リップルを5000円分購入し、高値掴みをしてしまったのでガチホしております。

人生で初めての投資をし、初めての利益を出し、今回は初めての高値掴みをしてしまいました。さて、それじゃあどうしようか!

そして、今日――

真っ赤

真っ赤! 今までの暴落も引くレベルに真っ赤よ!!

さて、なぜこんなに真っ赤になってしまったのかと言いますと……

スポンサーリンク

各国で規制の動きあり

現時点でのトップニュースはこんな感じです。

仮想通貨規制、国ごとではなく世界規模で行うべき=独連銀理事

中国政府が仮想通貨「取引所のようなサービス」規制へ どうなるオフショア取引

Google先生に聞くとトップニュース3つが規制で並びます。

規制ニュース

特にテロの資金源になっているという面を理由に、今後は規制に賛成する国も多くなる可能性があります。

規制=使えなくなる、ではない

現状では仮想通貨は登場したばかりで、これに適用するルールがない状態でした。ようするにルールを作ろう! ってことですね。

ですので、規制といっても何をどう規制するのかは、全くの未知数です。

仮想通貨はいわばテクノロジーですから、規制して無くなるというものではありません。

インターネットを中国や北朝鮮がどれだけ規制しても、世界には存在しますよね? そういうもんです。

日本では麻生太郎財務・金融相が「何でもかんでも規制すればいいとは思わない」と語っています。

麻生金融相、仮想通貨「何でも規制すればいいとは思わない」:日本経済新聞

日本は現状は静観の立場といったところですね。

ただ、投資の世界というのはかなり感情に左右されるように思います。

不安は売りを呼び、価格は暴落。

もっと下がってしまう前に売ってしまおうという、いわゆる「狼狽売り」も起こっています。

仮想通貨を持つ人はどうすべきか

仮想通貨

私はあくまで仮想通貨を持ち出したのは先月、しかも5000円だけの人間の、ここからは完全な仮説です。

もう結構前になりますが、リーマンショックの時です。

株価は大暴落しました。この時に凄い損を抱え、泣く泣く大赤字で売却した投資家は多かったようです。

しかし、その後株価は少しずつですが着実に回復し、数年後には元に戻り、さらにその後は成長しました。

超下がっているけど手放さず、ずーっと持っていた投資家は数年後、元の資産に戻せるどころか、むしろ増えて返ってきたワケです。

ですので、私個人の考えとしては

「下がっている時は買うタイミングであって、売るタイミングではない」

です。

規制が今後どうなっていくか分かりませんし、規制ニュースでここまで下がるなら、逆に利用範囲が広がっていくニュースで上がる可能性も残っています。

また、あくまで余剰資金でやっている以上「最悪ゼロになる」というリスクを取った上で、ガチホ(相場がどうなろうと手放さない)するのがベストであると思います。

もしくは、仮想通貨が本当にいろんな所で取引できるようになったら使えばいいんです!

ゼロになったら一緒に泣きましょう!

さらに言えばですけど、このタイミングで買える人が投資家です。

下がっている時に仕込んでおき、回復してきた時に売るのがベストなワケですし。

とはいえ、これは凄く勇気がいります。ゼロになる可能性に足をズブズブ沈めていくワケですからね……!

ですので、こういう時はガチホ! むしろ行ける人は買い増せ!!

――と思ったので、有言実行してみた。

下がっている時に買ってこそ! そう思っても実行は難しい。そこで、ちょっとだけ買い増すというハンパな手に出ました。

以上だ! また会おう!!

スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

フォローする