【花騎士】上方修正予告まとめ! クリティカルは強アビリティに?

いつもの虹枠

どうも、ふーらいです。

月曜日のメンテナンスで追加された昇華組の中で、デルフィニウム(競技会)とセントポーリアのアビリティが、現状のクリティカル系アビリティの常識を覆す値で実装されました。

デルフィニウム(競技会)

デルフィニウムはクリティカル発生率+20%、クリティカルダメージ+25%。セントポーリアは発生率+20%、ダメージはなんと30%です。

通常、★6でもクリティカル発生率は+10~15。クリティカルダメージも+15~20%程度しか上昇しません。

例外的に高い値を持つ花騎士もいますが、この場合、発生率アップとダメージアップのどちらか片方しか持っていないか、効果が自身にしかない、という欠点を抱えていました。

手元に★6のクリティカル系アビリティ持ちがいる団長の中には、見比べてすぐに考えた人がいると思います。私も、こう思いました。

「ああこれ、クリティカル系アビリティ上方修正フラグだ……!」

スポンサーリンク

フラグは回収された

以前のレアリティ昇華が実装された際のお知らせに、書かれていたんですよね。

お知らせ

既存の★6キャラクターにつきまして、所持アビリティの効果が低いキャラクターを対象に、効果内容の調整を、今後予定しております。

後半部分にちょこっと、大事なことが。

というワケでというか、さすが花騎士運営と言うべきか、早速の上方修正の予告が、19日にお知らせにて告知されました。

上方修正の内容まとめ

内容と該当キャラクターが多いです。詳しくはお知らせのページにありますが、こちらで超簡潔にまとめるとこんな感じです。3月26日と、4月2日にそれぞれ修正されます。

上方修正の超簡潔まとめ:3月26日分

  • イベリス
    属性付与に突が追加
  • ゴギョウ、セルリア、ビオラ(浴衣)
    ソーラードライブ威力アップが+50%に上方修正
  • ハギ
    パーティメンバーの攻撃力+18%→20%
    自身の攻撃力+40%が追加
    再行動率50%→60%
  • ブラックバッカラ
    パーティメンバーの攻撃力+10%を削除
    戦闘開始時の敵数×+15%の攻撃力アップを追加
  • ヘレニウム
    反撃の防御力倍率が4倍→4.25倍
    パーティメンバーの防御力+15%、防御率+2.2%、ガッツが追加
  • マロニエ
    ボス特攻+15%→20%
  • リンゴ(七夕)
    デバフの対象が3体に変更
    パーティメンバーの攻撃力+15%→20%
    反撃の防御力倍率3.5倍→3.75倍
    再行動率40%→50%

上方修正の超簡潔まとめ:4月2日分

  • アカシア
    自身のクリティカルダメージ+150%を追加
  • アネモネ
    クリティカル発生率+25%→30%
    クリティカルダメージ+20%を追加
  • ウメ
    クリティカル発生率+15%→20%
    クリティカルダメージ+30%を追加
  • キリンソウ
    クリティカル発生率+20%→25%
  • クコ
    クリティカルダメージ+20%→25%
  • クリスマスローズ
    クリティカル発生率+15%→20%
    クリティカルダメージ+15%を追加
  • クロユリ
    クリティカル発生率+15%→30%
  • コムギ
    クリティカル発生率+15%→20%
    クリティカルダメージ+15%→30%
  • サボテン
    クリティカルダメージ+40%を追加
  • シャクヤク
    クリティカルダメージ+15%を追加
  • シャクヤク(ハロウィン)
    クリティカル発生率+20%→30%
  • シロタエギク
    クリティカル発生率+15%→20%
  • ススキ(水着)
    クリティカル発生率+15%→20%
    クリティカルダメージ+15%を追加
  • ストレプトカーパス
    クリティカル発生率+15%→20%
    クリティカルダメージ+20%→30%
  • デージー
    クリティカル発生率+10%→15%
    クリティカルダメージ+15%を追加
  • ハナモモ
    クリティカル発生率+10%→15%
    クリティカルダメージ+15%→30%
  • ヒメシャラ(クリスマス)
    クリティカル発生率+20%→25%
    クリティカルダメージ+15%を追加
  • ビワ
    クリティカルダメージ+30%→40%
  • ポーチュラカ
    クリティカルダメージ+10%→25%

3月26日に、ソーラードライブや再行動、他はヘレニウムやリンゴ(七夕)の上方修正。4月2日はこの記事の冒頭で触れた、クリティカル系アビリティがまとめて上方修正されます。

ソーラードライブに関しては、★6の最低ラインが50%アップとなるようです。元々、特化型の70%に対してあまりに威力が低すぎたので、妥当な修正だと思います。

最後に、今回取り上げているクリティカルですが、アカシアの与ダメージ+150%をはじめとして、大幅に上方修正されます。

アネモネの発生率+30%、ダメージ+20%や、シロタエギクとビワの発生率+20%、ダメージ+40%が頭ひとつ出ていますね。

ウメ、コムギ、ストレプトカーパス、そして今回の昇華セントポーリアの発生率+20%、ダメージ+30%も優秀です。どのPTにも組み込んでいけるレベルになりつつあります。

クリティカルの現状

WEAKCRITICAL

まず、クリティカルの基礎ルールから。

クリティカルは一切のブーストがない場合でも、一定の確率で発生します。ただし、発生率は明示されておらず、体感としては5~10%程度です。お世辞にも、高いとは言えません。

クリティカルが発生した場合のダメージは1.5倍です。弱点を突いている場合の1.5倍と同時に出た場合は乗算され、 WEAKCRITICAL と表示、ダメージは2.25倍になります。

アビリティ

ただし、クリティカル発生率は+80%までしかブーストできません。元の発生率が10%と仮定しても計90%であり、確実にすべての攻撃をクリティカルにはできません。

しかも現在の状況では、発生率80%を全員に付与するにはかなり編成が縛られます。

+25%のアネモネか、+20%のシャクヤク、ビワ、ポーチュラカ、ヒメシャラ(クリスマス)、キリンソウのいずれか4名が必要です。アネモネは発生率こそ良いですが、ダメージアップがありません。

一方のクリティカルダメージアップですが、現状ではほとんどのダメージアップ量が、攻撃力アップと大差がありません。

一番高い倍率を全員に付与できるのはシロタエギクの+40%。これ以下になると、ビワの+30%、クコとストレプトカーパスの+20%、ウメ、ハナモモ、コムギの+15%と続きます。

さすがに40%は軽視できないレベルであるものの、30%なら、もっと軽い条件で同じ攻撃力を付与できる花騎士がいくらでもいます。

それなら、クリティカルの際以外にも効果がある攻撃力を上げている方が、優秀です。

結論から言うと、今の状態では「ラッキーパンチが発生するかもね!」くらいのアビリティに留まっており、戦力として確実に組み込めるレベルには達していません。

最高の条件を準備するには、ソーラードライブ級のキツいメンバー縛りが発生する上、そこまで集めて最強かと言えば……うーん、という感じ。

それでは、今後の上方修正でどうなるのか。

クリティカルは強アビリティになれるのか

クリティカル

結論から言うと、なれます。ただ、メンバーの縛りはキツいままです。

まず、大幅な発生率の上方修正で、80%を3人で実現可能です。

発生率+30%のアネモネ、クロユリ、シャクヤク(ハロウィン)のいずれかひとりと、+25%のキリンソウ、クコ、ヒメシャラ(クリスマス)のいずれかふたりで発生率+80%が達成できます。

こうすれば発生率は85~90%。10回に8、9回はクリティカル=攻撃力1.5倍であり、さらにクリティカルダメージの恩恵も受けやすくなります。これだけで、十分に強いPTです。

強アビリティにはなれるが、編成がキツい理由

オジギソウ

ただ、より突き詰めて考えると、クリティカルと弱点倍率が乗算されることは活かしたくなります。そうなると、ひとりは属性付与が欲しいです。

しかし、2018年3月現在、属性付与とクリティカルを両立している花騎士は存在しません。この枠はオジギソウか、せめて2属性付与のニシキギか、今後2属性になるイベリスにしたい。

そうなると、結局4人がほぼ固定。選べるのはあと1枠です。

ここで、クリティカルダメージを伸ばさない理由はないでしょう。シロタエギク、ビワはもちろん、ダメージアップ量が尋常ではないアカシアなんかは、無双状態にできそうです。

シロタエギク、ビワを加える場合は発生率+20%が無駄になるので、発生率上昇のために組んだ+25%以上のメンバーは、クリティカルダメージに寄せた方が効率が良くなります。

となると、ウメなどの発生率+20%組を4人集めて80%を達成する組み方になります。そこに属性付与が入って完成……と、遊び枠が全くない!

自身のダメージを伸ばしまくるアカシアやヒメシャラで、弱点付与は捨ててダメージ特化にする手もありますが、それなら付与する枠を変更するだけ。やっぱり遊びが全然ない!

ってな感じなので、メンバーの縛りは現状よりマシになるだけで、やっぱりキツいです。

代わりに、相手の状況を選ばず80%以上の確率で1.5倍。さらにクリティカルダメージの+値が簡単に100%を超えるため、状況を選ばない最強の汎用PTとなる可能性を秘めています。

クリティカル発生率100%にならないという欠点はあるものの、現状で強力とされるアビリティも、常に最高のパフォーマンスを発揮するワケではありません。

ボス特攻は相手がボスでなければ意味はなく、敵の数系も敵の状況で能力にムラが出ます。1ターン系はアンチアビリティにかき消され、逆に数ターン経過タイプは序盤が消化試合です。

また、突き詰めたらキツいというだけで、とりあえず発生率80%とか、50%程度でも2回に1回はクリティカル。このくらいの編成を作るのはかなり簡単になります。

とりあえずクリティカル系アビリティ持ちを★6でふたり用意し、他を★5で固めても十分な戦力になります。汎用性は大幅に向上したと言えるでしょうね。

まとめ

  • 宣言通り上方修正が来た!
  • クリティカルが最強汎用PTになる時代が来るかもしれない!
  • ただし、メンバーの縛りはかなりキツい!
  • パッチ内容はあくまで予定! 変更されるかもしれないぞ!

ちなみに、うちは今回の上方修正の該当キャラクターが多いんです。

アネモネ、デージー、ビオラ(浴衣)、キリンソウ、リンゴ(七夕)、クコが対象。★6が22名いるうち、6名が対象になっています。

こうなると、今の最適なPT編成は大幅に組み替える必要が出るかもしれません。

現在の編成

あ、はい。大変だなって意味じゃなくクソ面白いって意味です。編成画面開いて、悩んでいるだけで1日終わるくらいだからな!!

以上だ! また会おう!!

スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

フォローする