【MHW】キャラクタークリエイトの注意点、上手に仕上げるコツ

ふーらいとしきりん

ふーらいです!

皆さん、やってますか!? やってますよね!!

モンスターハンター!!

ベータ版第3回をチラッとやっただけでも面白かったので、予約しましたし!

さて、今回のモンハンはー、と言っても、私は今回初のモンハンプレイなのでアレなんですが、キャラクタークリエイトがすっごく細かく、綺麗なのからおふざけまで可能です。

すでにフリーザ様が降臨されてます。

Twitterではツインテールのおっさんで溢れてます。なんだこのハンター達怖い。

ただ、キャラクリではいつものこと、とも言える問題が。

スポンサーリンク

美少女からおっさんまで、キャラクリの注意点

まずは何にしたって大事なキャラクリですが、すっごい細かいです。輪郭、瞳、眉や鼻筋、かなり細かいところまで作り込むことができます。

自キャラ

登場キャラクター全員ゴリラ! とか言われているらしいモンハンとは思えない、美しいキャラクターを作成することが可能です。見てこの美しさ。惚れろ。

体格すっごい

ちょっと体格はアレですけど

ただ、狩場などでは画質が落とされてしまうため、実際のゲーム内での見た目とは異なるのが欠点です。まぁこの辺は、PSO2で鍛えられた方も多いのではないかと思います。

作中の映像

作中だとこれくらいになります。

体格もそうですが、輪郭部分がゴテっと見えるので、作成時よりは老けます。ですので、女性で作成する場合は、ロリっぽくまとめた方が無難な仕上がりになります。

具体的には、瞳のサイズは大きめ(ただし横に広げないこと)、輪郭や鼻筋は抑えた方が良いです。唇はあまり小さいと表情テストがおかしくなりますのでほどほどで。プリセットのロリ娘はちょっと小さすぎますね。

瞳を大きく見せるためのメイクも有効なようです。

また、作中では色が強調されます。白はより白く、赤はより赤くなります。メイクで色付けする場合は、配色は透明度を高めに設定すると良いでしょう。

この都合、お姉さん系を狙うと難易度が跳ね上がります。

クリエイトでは凄かったのに、という例。ホント、凄い美女なのにな……

男性も試しはしたのですが、若年男性が一番難易度が高い気がしました。逆に老年イメージで作成すると違和感なく溶け込むので、クリエイトで反映されやすい順番としては

老年男性>ロリ娘(ただし仕上がりは普通)>お姉さん系>若年男性

って感じになりますね。

なお、キャラクリ自体は一度しか行なえませんが、メイクや髪の変更は作中でも可能ですので、メイクを試した結果失敗しても、あまり気にせず進めてみてください。

マイハウスに入れる段階で、変更が可能になります。

あ、もちろんお供のアイルーもクリエイト対象ですよ!

アイルー

うちはこんな感じにして見ました。剣がカッコ良すぎる。

ああ、あとそれと、超個人的な問題もひとつ解決。

ハンター名が作中で呼ばれるか問題について

自由に名前を決めていいとなると、ストーリー派が気になるのは

「作中で名前を呼ばれるか」

ではないですかね。もし呼ばれるなら、世界観に合わせた名前にしたくなるし、そうでないのなら、ハンドルネーム直で付けたり、BANされない程度の悪ふざけネームも付けられます。

MHWでは(少なからず私がプレイした序盤のうちは)キャラクターには全員、固有名詞がありません。受付嬢とか第○期団とかって名前になっていて、当然主人公も名前で呼ばれません。

ですので、世界観とか気にせず名前付けても大丈夫ですよ!

綺麗な映像と探索が楽しい

景色

キャラクリに時間取られちゃって、まだ本編はほとんど進んでいませんが、すでに綺麗すぎる世界に圧倒されております。

探索に向かえば至る所に生物とアイテムがあり、制限時間50分があっという間になくなっていきます。これ時間泥棒やわヤバい。

とりあえずハンター装備一式と、ヘヴィボウガンを手にドスジャグラスを倒したところです。ベータテストの武器と違い何の強化もされていないので、武器の反動や弾の数をちゃんと把握しないといけませんね。

ヘヴィボウガン使いの人は、武器強化が可能になった時点でシールド機能を付けるといいです。抜刀状態かつ何の行動もしていない時、自動でガードしてくれます。便利!

以上だ! また会おう!!

スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

フォローする