【思うこと】眠るのは究極の回復方法、現代社会のエリクサー

疲れると、とりあえず寝ます。ふーらいです。

ストレス発散といえば、ゲームをするとか、大声を出すとか、何かを叩くとか……どっちかといえば攻撃的になってしまうことも少なくありません。

私ももうちょっと若い頃は、ティッシュ箱を潰して遊んだりしてました。頭を洗う時に、シャンプーを無駄に多めに使ったりね!

でも、最近はもうね、寝る。これ。これ最強ですよ。

スポンサーリンク

眠ると体力が回復する

身体的な疲れはもちろんですが、精神的にも回復します。

というのも、身体と精神はリンクしています。

身体が辛いと精神的にも辛くなります。風邪や、今の時期流行のインフルエンザなんか、元気なくなりますよ。

逆に精神的にふさぎ込んでいる時は、身体もぐったりします。

動いてもないのになんとなくダルいですし、嫌なことがあった後に、元気ハツラツオロナミンCに動き回ったりはできません。

精神の不調は身体にも影響を残します。

眠ると、少なからず身体的な面は回復できます。身体的に元気になったら、気分も良くなることは結構あります。

さらに言えば、精神面にも良いことがあります。

眠っている間は考えごとがなくなる

うーん

やっぱ精神的にキテる時って悩みます。

どうでもいいことで悩みます。外から見た人からすれば「そんなこと、悩む必要ないんじゃね?」ってことでも悩みます。

「ぇえええ……魚食べたいけど20%オフの肉が安い……」レベルでも超悩みます。

眠ると、夢に見たりすることはあっても、そのことを四六時中考えている状態からは抜け出せます。

悩みでずーっと加熱している脳を強制的に冷やせるんですよ。家電製品のコンセント抜いちゃうイメージです。

悩みってだいたい、悩んでも解決はしないんですよ。

どんだけ考えても、考えているだけでは事態は何も進展しませんし。

でも、じゃあどう行動するかを悩んでいるワケで、行動しろと言われても「うるせー! それができりゃ苦労しねぇ!」ってなります。

そういう時は、布団にIN!!

案外、時間が解決してくれる悩みも多いです。起きたら別の選択肢が浮かぶかもしれません。

目を閉じると情報が入ってこなくなる

情報が入ってくる限り、脳はそれを処理すべく奮闘します。

実は目を開けているだけでも脳は使われているんです。ことわざにもありますね。「百聞は一見に如かず」と。

視覚で得られる情報は、それ以外の情報よりも非常に多いのです。

つまり、見るという行為は多数の情報を入れることになります。脳はフルスロットル!

極論ですが、目を開けていると常に脳は休まっていません。

目を閉じると、視覚の情報はすべてシャットアウトできます。「横になっても眠れない!」という状態でも、目を閉じるだけで脳の疲労は抑えることができます。

もちろん、完全に寝入った場合は他の情報(嗅覚や聴覚など)も起きている時よりは抑えられます。

脳を休めるには寝る! これ最強!

そもそも、精神面というのは脳の状態です。脳が疲れたら精神的にも疲れている。つまり、脳を休めて回復させれば、気分は上向きになる可能性が高いのです。

色んなストレス発散方法がありますが、ぜひ眠るという行為もそこに加えて欲しいと思います。

実際、私はこれで生活が豊かになりました(通販感)

うつなどで「眠れない」時は超ヤバいと思え

眠るという行為は本当に素晴らしい、最高の効率を誇る休息方法なのです。

しかし、精神的にキツい時の一番の問題とは「眠れない」こと。

精神的にキツい時ほど寝て回復しなきゃいけないのに、そういう時に限って脳は覚醒状態。全然眠れないことも少なくありません。

HP減ってるのに宿屋に泊まれない、序盤のRPGみたいな状態です。

ゲームなら全滅しても再プレイできるので構いませんが、人間はそうはいきません。

賛否両論ある話なんですが、私としては眠れないくらいなら、睡眠薬を使ってでも眠れるようにした方がいいと考えています。

寝酒とかするよりは全然いいですし、睡眠を取って回復したら、その後は薬に頼らず眠ればいいだけです。

眠れないなんて、ストレスがかかっている時のよくある症状のひとつとして、結構軽いものとして扱われがちです。

実際は、ここがストレス過多で壊れる最初の玄関です。

休息時間を確保する、意図的に身体を横にする時間を設けるなどして、これ以上悪化しないようにしたいですね。

うつの時の休養のひとつにも、眠ることをオススメしています。

精神的に調子が優れない時には、こうやり過ごせ!

まとめ

ストレス緩和!

  • 眠ると身体的にも精神的にも回復するぞ!
  • 脳は情報を得る限りは休まらない! 眠れば解決!
  • 眠れないって状況はあるあるだけど、実際かなりヤバいぞ!

眠るって無駄な時間として扱われることも少なくありません。

確かに、少ない睡眠で色んなことができたら素敵かもしれません。短めの睡眠時間で活動的に動ける人も、確かにいます。

でも、多くの人は睡眠時間を削っても、起きてる時間にボーッとしてしまって、むしろ時間効率は悪くなります。

効率を叫ばれる現代だからこそ、眠ることで効率的に活動しましょう。

以上だ! また会おう!!

スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

フォローする