【仮想通貨】リップル(XRP)が爆上げ、ビットコインは限界か

ふーらいです

仮想通貨市場に5000円で参加しています、ふーらいです。

↓みたいなことやってます。

「仮想通貨の記事更新は1ヶ月後と約束したな」「そ、そうだ大佐! 助け……」

さて、多くの銀行が仕事始めな今日、リップルがとんでもないことになってます。

1日で260円が350円になっています。ただ、これは凄い短期的な話で……

昨年の年末、私が5000円握りしめていった日は120円だったので、その間だけで見ても約3倍です。界王拳かな?

ちなみに、昨年1月のリップルの価格は約1円。350倍。

ゴクウ死ぬぞ? えらいこっちゃやで……!

スポンサーリンク

読売新聞の一面に掲載される

この仕事始めのタイミングで、読売新聞がリップルを取り上げました。

仮想通貨に関しては未だ、胡散臭い雰囲気が日本では漂っています。

アナログな情報源である新聞が取り上げることは、単純な情報として広まる以上に「仮想通貨ってどうなん……? ネットとかよくわからんし怖い……」という層を取り込める可能性も持ちます。

この新年早々のサプライズに多くのリップラー達が沸きます。

リップルが上がると信じて持ち続けた人は、ようやく報われたことになります。

本当におめでとう……ッ!

いや、むしろここが始まりなのかもしれません。

そりゃ、最初は1円でスタートしたものを買ってりゃ大儲けかもしれませんが、それを見定めて、多少上がっても売らずに手元に置き続けるのは非常に難しい作業です。

普通なら1円が10円になったら手放します。10倍ですよ? 10倍。

それをずーっと持ち続けて、上がってもまだ売らずにただ待つ。しかも、ある日暴落して0になるリスクもあるワケですよ。

「なんであの時に売らなかったの?」ってなる可能性もある。それを「最初に投資しとけば良かったー!」なんて、誰でも言えますから。

耐えるって凄いことだよホント。

リップルは伸び方が良い

リップルが凄いのは、下がってもまた戻ってくることです。

アベレージがどんどん良くなっているんですよね。仮想通貨って相変わらず値動きがメチャクチャなので、ある日1万円だったものがある日5000円になるんですよ。

いやホント。しかもいつ戻るかは分からない。

だから仮想通貨で稼いでいる多くの人は「仮想通貨という分野は今後も伸びる」という理由でホールド、つまり持ったまま下がっている時期が過ぎるのを待ちます。

下がっている時に売ると損ですからね。

しかしリップルはどんどん平均値が上がっていってるんですよ。

多少値動きはあっても、昨日より今日の方が高い。

ぶっちゃけ、高値な今持っても悪くないんじゃない? とすら私も思っちゃうくらいに。

一方、ビットコインは180万まで回復するものの、その後はやや停滞気味。

以前210万まで行った勢いほどは回復しませんね。

リップルに負けじとネム(XEM)も凄い勢いで上がっていますが、他はリップルやネムに引っ張ってもらっているだけ感がありますね。

この違いはやはり、リップルが銀行への送金を低価格で、かつ高速で実現する通貨だからだと思われます。

他の仮想通貨もそれぞれ特色を持ってはいますが、リップルとネムが支持されていると見ていいのではないかと。ネムの知識も持たないとダメね……

ビットコインは海外の取引所への送金を見て思うんですが、時間かかり過ぎなんですよね……送金してから実際に反映されるまで1時間後とか普通です。

ビットコイン手放してリップルにするか?

私個人としては、どんなに上がってても「上がってるときに買うのは危ない」という意識が強すぎて、今はちょっと手が出せないです。

大量に持つ人が急にドンと売りに出した瞬間に下がるのは目に見えていますし。これが機会損失だというなら仕方ない。

なので、とりあえず少し落ち着くまで様子見です。

いやまぁ、5000円くらい突っ込んじゃいなYO! とか言われそうですけどもね!

そもそも、仮に買うとしても今はビットコインで5000円持っているので、送金するか、日本円に戻してコインチェックで買うかしないといけないです。

コインチェックは手数料高いんですけど、ぶっちゃけこのためだけに、海外取引所を使えるように英語を勉強するほどの意欲は、まだなかったり。

英語苦手やねん……言語マジ無理……

以上だ! また会おう!!

とか言ってましたが、ビットコインも上がってきたのでちょっと5000円動かしました。

リップルの価格に引っ張られるように、ビットコインもじわじわと上昇してきました。実は年末の下がった時期に買っていたので――

今度こそ以上だ! また会おう!!

スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

フォローする