【一次創作】世界設定:魔法(種類)【Relanorelah】

しきりんの一次創作『Relanorelah』の世界設定を紹介しています。

今回はその中でも「魔法の種類」について紹介します。

スポンサーリンク

魔法の種類

「顕現」、「拒絶」、「感覚」、「付与」、「治癒」の五種。

顕現

顕現魔法。ものや現象を顕現させる。多く、自然現象を顕現する。最も種類や用途が多い。

・創造法
この世に存在しないものを顕現させる。
創造法は非常に高度な顕現魔法で、顕現に困難を極める為に扱える者が少ないと言う非現実的な顕現魔法である。

・魔力物質法
魔力を物理的な物質にして顕現させる。

拒絶

拒絶魔法。ものや現象を拒絶する。また、魔法を無効化する。
存在の拒絶は、存在の消滅ではなく、拒絶魔法の領域内でその存在を拒絶、お断りされる。侵入不可領域。領域内に存在することが出来ない。そこにいることが出来ない。
存在の消滅はどちらかと言えば顕現魔法。
拒絶魔法と拒絶魔法が衝突した場合、力の強い方が顕現して弱い方は消滅する。ただし、衝突した拒絶魔法の力が等しかった場合は双方共に消滅する。
拒絶魔法には反動があり、ものや現象を拒絶した際に発生する衝撃が反動として魔法士に返って来る。
効果範囲は使用者を中心としたもの。

・対象指定の拒絶魔法
その名の通り、指定した対象に拒絶魔法を使う。
ものや現象を拒絶し、魔法を無効化する拒絶魔法を、現在魔法を展開している魔法士に使用した場合、拒絶魔法の効果によりその魔法士から魔法が発生しなくなる。結果、その魔法士が使用していた全ての魔法が無効化される。
この対象指定の拒絶魔法ならば、相手がどれだけ魔法を多重展開していても全ての魔法が無効化され、無意味となる。
「その魔法士から発生している魔法全て」とした場合、対象の魔法士に定着していた、対象の魔法士由来ではない魔法も全て無効化される。
定着していた魔法がたとえ別の魔法士由来でも、対象の魔法士から発生していることに変わりは無いため、無効化される。
対象指定の拒絶魔法は、予備動作として対象に広げた手を向ける必要がある。また、発動時にその手を握る動作を必要とする。故に、対象指定の拒絶魔法は予備動作だけでそれだと読まれやすい。

感覚

感覚魔法。
ものや現象を感知する。魔力を放出し、広大に展開することでその効果を得る。放出範囲がそのまま有効射程・有効範囲となる。

・物質感知法
物を感知する。

・遠見法
遠くを見る。遠見法で見えたものは脳裏に映る。遠見の読みはとおみ。

・精神感応法
遠くの者と会話する。相互も一方通行も可能。

・魔力感知法
魔力を感知する。魔法そのものを感知するわけではない。ただし、持続型の魔法はその魔力で感知が可能。
感知した魔力から魔法士の存在を把握したり魔法の展開を予測したりする。

付与

付与魔法。対象に魔力や魔法を付与する。

・遠隔操作法
魔力を付与してものなどを遠隔操作する。

・付与魔法と持続型
魔法を付与する付与魔法は持続型ではない。
定着でその魔法は維持される。付与するだけだから。付与した時点で魔法終了。能力追加完了的な。
付与された魔法については、種類によっては持続型に。
例:感覚魔法を付与魔法で付与する。
この場合、感覚魔法は持続型になる為、維持の為に魔力の供給が必要である。
感覚魔法が消滅した場合、付与する魔法が無くなる為、付与魔法も消滅する。
持続型ではない魔法を付与した場合、二つの魔法は共に定着している為、魔力の供給は必要ない。

治癒

治癒魔法。対象を治療する。
対象者の持つ自然治癒力を高めて治療する。

・変換治癒魔法
魔力を自然治癒力そのものに変換して対象者を治療する。
対象者にかかる負担は軽いが、魔法士本人にかかる負担は絶大に重い。

「単発型」、「持続型」の二種。

・単発型
一回限りの魔法のこと。基本、魔法は一回限りである。
持続型と言い分ける為に存在している言葉。
単発型は魔法の維持に魔力を必要としない。顕現した魔法は定着しているから。

・持続型
効果が持続する魔法のこと。
定着済みの魔法に追加で魔力を消費することで効果を持続させる。追加で魔力を消費した時点でその魔法は持続型の魔法に変化する。持続型に変化した魔法は魔力の供給がなければ消滅するようになる。
持続型の魔法は持続的な魔力の供給が必要。魔力の供給が断たれた場合、その魔法は消滅する。

・単発型と持続型の例
火の顕現魔法をそれぞれの型で顕現させると?
単発型。
火が顕現。水をかけられると消える。水をかけられても消えない火を顕現した場合はこの限りではない。魔力の供給は不要。消されない限り顕現し続ける。
持続型。
火が顕現。水をかけられても消えない。魔力の供給がある限り顕現し続ける。魔力の供給が断たれると消える。

その他の名称

・攻撃
攻撃魔法。攻撃手段として使用される魔法のこと。
多く、顕現魔法によるもの。付与魔法で間接的に行う者もいる。

・防御
防御魔法。防御手段として使用される魔法のこと。
多く、拒絶魔法によるもの。顕現魔法で行う者もいる。

さいごに

ここまで見て下さり本当にありがとうございます!

魔法の種類と言えば属性を思い浮かべる人もいるかもしれません。自分の創作の場合は使い方によるものです。ゲーム的に考えたら属性の方が扱いやすいでしょう。

もし何か分からないところがあったらTwitter(@Alufrelah)あたりでぜひ聞いて欲しいです。願わくばあなたの楽しい時間のひとつになれますように。

目次はこちら

【一次創作】目次【Relanorelah】
しきりんの一次創作『Relanorelah』を紹介しています。こちらは目次となります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
しきりんのじゆうちょう 一次創作
しきりんをフォローする
ふーらいの思うこと