【絵】一次創作『Relanorelah』関係の絵まとめ【しきりんのじゆうちょう】

どーも! しきりんです!

一次創作『Relanorelah』関係の絵をまとめてみました。キャラ紹介用の絵はここでは含めていません(例外あり)。それではお楽しみ下さい!

大きめの絵はクリックorタップで元のサイズで表示できます。

スポンサーリンク

一次創作絵

レラン

『歌』イメージ。背景にうっすらと見える文字のようなものは『世界讃歌』です。

レランとマノ

マノの怪我をレランが『歌』で治療するシーン。痛みが跡形も無く消え去って驚きを隠せないマノは気付いていない。レランのとある箇所が――

レラン

「……私は……数多なる全ての尊き生命の一つに過ぎない。それ以上にも以下にも為れない。……今までも、これからも……ずっと。」

何かが複雑に含まれた微苦笑。 それは憂愁かそれとも諦念か。 微笑みと言うには悲哀に満ちていて、悲嘆と言うには僅かに希望が残されているような。

レラン

「……私は……こうするしかない。こうなるしかない。……今までも、これからも……ずっと。」

『歌』は万能な魔法ではない。『歌』がもたらすは「等価交換」。それすなわち――「対象の健康を望むのならば、誰かの健康を犠牲にしなくてはならない」。

誰を犠牲に?そんなもの、最初から決まっている。

『一つの導きを貴方の為に。貴方の生命を祝福し、私は奏を為す。赤と染める苦をその身に宿し、私は貴方となる。』

全ての音が消え去った、その後に。 切り裂かれてもいない、服も破れていない、そうだと言うのに、彼の胸部が赤に染まった。 一方の対象は、消えた傷と彼の様子を見てただ困惑していた。

「他の誰かの為に尽くすこと」――それが、彼の本質(理)。そのように創られた生命なのだから。

「……だから私は……こうするしかない。こうなるしかない。……今までも、これからも……ずっと。」

レラン

「METHOD_IMPLANTA/.」の「茨の蔓の冠 戴く」「頬伝い 落ちる雫」「乾いた大地に染みて」「生命の芽 潤すよう」「雨となりて注ぎたい」がとてもレランのイメージに近いと言うことでそれを目指して描いてみた。 「METHOD_IMPLANTA/.」が純粋に好きな人には好ましくないかもしれません。すいません。

レラン

※画像サイズが大きいので縮小しています。クリックorタップで元のサイズで表示できます。

リアル風で全身を描いてみた。デフォルメは比較用。

アルドラスト

※画像サイズが大きいので縮小しています。クリックorタップで元のサイズで表示できます。

拒絶魔法(防御魔法だと思っていただければ)をイメージ。自分が魔法エフェクトを描くとこうなる。

さいごに

ここまで見て下さり本当にありがとうございます!

キャラが偏っていますね。レランが一番気に入っているからかもしれない。

多くはTwitterにアップしたことがあるものですが、一部そうでないものが含まれています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
しきりんのじゆうちょう 一次創作
しきりんをフォローする
ふーらいの思うこと