【MHWI】遠距離からスタンさせまくり! アンフィニグラのマスター版「業重弩ファミン」で新・徹甲祭り

ごあいさつ

どうも、ヘヴィボウガンだとクラッチアクションが辛い、ふーらいです。

アイスボーンが来る前は、アンフィニグラでガンガン狩ってました。

今回はアンフィニグラの改良型である「業重弩ファミン」を使って、マスタークラスの大型モンスター達を狩っていきたいと思います。

スポンサーリンク

業重弩ファミンの作り方、性能

素材はやっぱりイビルジョー。ただしマスター級のイビルジョーと言えば怒り喰らうアイツしかいません。よって、素材回収にはけっこう苦労します。私は操虫棍でなんとか倒しました。

性能は相変わらずの攻撃力特化。防御アップもスロットもない漢の装備。

弾構成はアンフィニグラとほぼ同じで、今回も徹甲Lv2と3、拡散弾を中心に戦います。貫通弾Lv3と斬裂弾が単発自動装填に変更されている点が、アンフィニグラとの違いですね。

カスタムパーツは、徹甲の反動を抑えるため反動抑制×2は確定。残り3枠はリロードかシールドになりますが、私はシールドで運用しています。

なお、斬裂弾は射程距離に加え着弾後爆発するタイプなので徹甲弾と一緒に使いやすいですが、単発装填はシールドパーツとの相性がやや微妙になります。

スポンサーリンク

他の防具など

スキル構成

これはキリンを相手にした時の構成。装備はまだ全然揃っていないので、もっと良い組み合わせはいくらでもあります。参考程度に留めてください。

まず必要なのがヴァルハザク防具2部位以上。コレでHPを自然回復します。納刀が絶望的に遅いヘヴィなので、回復剤を飲まないで戦いたいところ。

次に砲術Lv3。お約束の徹甲強化です。残りはプレイスタイルによって変わってきますが、私は生存重視なのでガード性能、ガード強化に体力増強モリモリ。

武器に回復カスタムを付ける手もありますが、素材が大変。私はまだ付けることができていません。

オトモ装備はミツムシか守りの盾がオススメ。初見の相手はミツムシの方がリカバリーが効きやすく、ある程度動きを理解した相手なら、盾でヘイトを分散して貰った方が楽になります。

スポンサーリンク

実際の使用感

完全初見、属性耐性もアベコベな状態でイャンガルルガと戦った際の動画です。シールドパーツ3積み+ガード性能Lv5による圧倒的な耐久で、減ったHPを自然回復のみで戻しています。

とにかくダウンを奪いやすく、しかも肉質に影響しない弾がメイン。クラッチクローの必要性が薄くなり、結果的にワールドの頃と同じ感覚で狩りが進んでいきます。

特にアイスボーンでは弾が効きづらい肉質の敵が増えたため、肉質を無視できる徹甲弾は相対的に強化されたと言っていい状態。どんどん撃ち込んでスタンさせまくりましょう。

メリットもデメリットもアンフィニグラと変わらないため、慣れている人であれば楽しく扱えます。この銃でヘヴィデビューしてみる人は、アンフィニグラの記事も参考にしてくださいね。

以上だ! また会おう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
MHWI
ふーらいをフォローする
ふーらいの思うこと