【MHW】徹甲祭り! アンフィニグラのオススメカスタムや装備など

ごあいさつ

一狩りしてますか! ふーらいです!

MHWがβプレイを開放していた頃、私は「射撃武器で、一番カッコイイ!」ってだけを理由に、ヘヴィボウガンをずーっと使っていました。

しかし、当時はほとんどがソロプレイ。ゲームの仕様もあまり理解しておらず、ドスジャグラスにすら苦戦するへっぽこガンナーでした……

結果、ライトボウガンに途中から転向。これが凄く扱いやすくって! 今までのシナリオや新しいモンスターも、とりあえずライトボウガンで行くようになっていました。

――そう、この武器を見るまでは。

スポンサーリンク

イビルジョー素材で作る『アンフィニグラ』

アンフィニグラ

イビルジョーがアップデートで登場すると同時に追加された、攻撃力特化のヘビィボウガン、アンフィニグラです。特に注目したいのは、装填できる弾薬と攻撃力。

装填弾薬

Lv2、Lv3徹甲榴弾と拡散弾という爆発物特化。状態異常も持っています。

マグダ・ゲミトゥスⅡとかなりよく似た内容ではありますが、あっちは攻撃力315。これでも十分強いのですが、アンフィニグラの攻撃力は345! 非常に高い値です。

一方で、マグダと異なり会心率は-25。さらに防御力ボーナスを持たず、珠スロットもありません。徹底的に火力、しかも純粋な攻撃力に特化した構成となっています。

これで、爆発物オンラインしたら楽しいんじゃね?

と思ったが吉日。さっそく装備を揃えて、ボウガンのカスタムもいろいろやってみました。

オススメのアンフィニグラ強化パーツ

弾薬詳細

上のSSは、反動抑制を2つ装備した際の弾薬画面です。

反動特大の弾は発射後の硬直が極めて長く、被弾しやすくなる上にDPS的に見ても美味しくありません。反動抑制ひとつでLv2徹甲が、ふたつでLv3でも反動が大に収まります。

せっかく徹甲榴弾がLv2とLv3同時に持てる銃なので、Lv3の火力を安定させる意味でも反動抑制ふたつ付けは確定でしょう。

リロード補助も同じくふたつ付けることでLv3徹甲のリロードが改善はするものの、徹甲はすぐに弾切れを起こすのでリロード中に調合が必須。あまり早くしても意味が薄いです。

残りのパーツですが、シールドパーツが便利です。他のパーツは1つだけ装備しても効果が薄いため、それなら咄嗟のピンチを被弾せずやり過ごすシールドがあると、何かと便利。

意外と多くの攻撃をやり過ごすことができます。たとえば、咆哮もガード可能。少しの硬直だけですぐに行動できるので、咆哮後の追撃がキツい古龍種相手に遅れを取りません。

ヘビィボウガンは納刀が遅い上に回避行動も壊滅的なノロさなので、避けられないと判断した攻撃はすべてシールドに丸投げします。

抜刀かつ棒立ち状態であればオートガードが発動するので、危ないシーンでは何もせずに待ちの姿勢で。リロード中と前方以外の攻撃だけは要注意です。

オススメのアンフィニグラカスタム強化

回復能力付与

カスタムスロットはふたつありますが、どちらも回復能力で良いでしょう。

ヘビィボウガンの致命的な足回りをシールドパーツで補う上に、空いているパーツがひとつしかなく、お世辞にもガード性能が高くありません。ダメージもそこそこ受けます。

その度に納刀して薬を飲んでいるようでは、せっかくの火力特化構成が本末転倒です。ガードして貫通された分は、武器で回収しましょう。

徹甲榴弾の攻撃力が高いので、一回の爆発で体力25くらいは回復します。しかも着弾後遅れて爆発するため、思いがけないタイミングで回復できることもあります。

装備品や装飾珠

一例です

とりあえず私のはこんな感じ。ウルズ装備を3セット+回復速度を3積みして、被弾ダメージを放っておいても超回復するように整えています。チキン編成なのは許してクレメンス……

あと、超会心はいりません。マムガイラメイルの効果なんで気にしないで!

絶対に必須なのは砲術です。榴弾の威力が最大で1.3倍上昇します。珠がひとつもない場合、パオウルムーで作るウルムーアームαを使えばとりあえず2積みできます。

次に欲しいのはウルズセットと回復速度。被弾ダメージを高速回復でき、なるべく納刀したくない+遠距離で毎回は敵に絡まれないヘヴィボウガンにピッタリ。

他には、ひとつしか付けられないシールドパーツを補うガード性能、体力回復と相性の良いフルチャージ、ダウン値の高さを活かしたKO術などがオススメです。

装衣や煙筒は自由ですが、会心筒は支援目的以外ではほぼ無駄になります。それ以外なら本当に好みのレベルです。

リロードや拡散弾を強気に狙える不動の装衣は、やっぱり優秀です。ダウンを狙うという意味では強打の装衣もアリ。癒しの煙筒なら、抜刀してオートガードしつつ回復できます。

実際の立ち回りと長所

徹甲榴弾Lv3を中心に攻めます。徹甲と斬裂は当たりさえすれば、射程範囲に関わらずダメージが変わらないので、足を使わずガンガン撃っちゃいましょう。

相手が距離を詰めてきたら、まずは棒立ちで敵の攻撃をガード。その後同じく徹甲や、隙を見て竜撃砲も狙っていきます。

徹甲はダウン値が高く、相手の頭に何度か刺せば必ずダウンが取れます。勝手がわかって来たら、ダウン直前に機関竜砲をセット、ダウン後発射で安全にダメージを与えられます。

モンスターが寝床に行ったり隙だらけなら、拡散弾の出番です。爆弾タルと合わせれば威力は絶大。そのまま討伐完了になることも少なくありません。

状態異常に睡眠弾があるので、睡眠させる→樽を置く→拡散弾を撃つことも可能。

敵の距離や状況を選ばないため、極めて汎用性が高いです。爆発ダメージは肉質も関係ないので、どこに、どんな敵に撃ち込んでも安定したダメージソースになります。

基本的に自分からあちこちに動くのではなく、定点からガンガン撃ち込んでいくスタイルになります。敵の行動直前には棒立ちを心がけ、ガードで被害を抑えましょう。

ガード後のダメージはウルズセットやカスタム強化で回復し、可能な限り薬を飲む時間を減らします。弾はガードやリロードの時にショートカットからサッと作成!

短所ももちろんあるけどな!

どうしても問題になるのはリロードです。モンスターに攻められている間は当然できず状況によってはリロードができずもどかしい時間が続くことがあります。

マルチエリアなら他プレイヤーにターゲットが行くまで待てばOK。ソロならオトモにまもりの大盾を使ってもらいましょう。焦ると床ペロまっしぐら。クールに行きましょう。

そしてもうひとつは、弾薬の補給が必須であること。

徹甲榴弾はLvに関わらず9発ずつしか持ち込めないため、現地での調合が必須になります。専用ショートカットの作成と、持ち込むアイテムを登録する手間が必要です。

ショートカットにLv1とLv3徹甲榴弾、斬裂弾、Lv3拡散弾の4つの調合を登録しておき、ガードやリロードの際に補給します。可能なら竜撃弾も欲しいですね。

バクレツの実やザンレツの実、Lv3火薬粉は必ず携帯しておきます。古龍1匹ならともかく、2匹以上の討伐やゼノ・ジーヴァ戦では、一度キャンプに帰った方が良いかもしれません。

最後に、これはもうご存知かとは思いますが一応。拡散弾はマルチエリアで撃つ場合、味方も吹っ飛ばします。撃つタイミングはメンバーも見て、よく考えましょう。

まとめ:爆破して、こんなSSを撮ろう

汚ねぇ花火だ

というワケで、アンフィニグラでヘビィボウガン生活を送っている私からの、爆発物オンラインのオススメでした。

ヘビィボウガンはその足回りから、ソロではどうしてもしんどいシーンが序盤は多いです。シールドパーツを装備できず回避特化装備も用意できないうちは、さすがに辛い。

しかし、武器のグレードが上がってパーツが付けられるようになり、装備も揃ってきてスキルを厳選できるようになれば、グッと使いやすい武器になってきますよ。

以上だ! また会おう!!

スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

フォローする