【バトオペ2】コスト400~600のオススメな汎用環境機体とその理由【2024年最新版】

ごあいさつ

※管理人の手元にPS5が入ったので、2023年12月以降から随時再更新中です!

どうも。可変機と百式系MSが大好きなVtuber、ふーらいです。

かなり前になりますが、環境機に関してのまとめ記事を作っていました。

しかし最後に書いた時からかなり環境が違ってきており、さらに私がコスト400~600に重点的に出撃しているため、今回改めて400~600にポイントを絞って記事を新しくしました。

選定基準は完全に私感ですが、以下の点を重視しています。

・野良レーティングで強い機体(クランは対象外)
・5vs5、6vs6のベーシックルールを想定
・操作の難易度が低い機体、入手しやすい機体は評価age

やや厳しい機体についてのまとめ記事もあります。

それではここから、コスト400~600の汎用環境機を以下に紹介していきます。強襲機と支援機も準備中です!

スポンサーリンク

400コスト

ペイルライダー[陸戦重装備仕様]

・多くの射撃兵装を持ち、格闘性能も悪くない
・「HADES」中の火力と機動性が突出している
・「HADES」で部位が回復するので脚部装甲不要
・二等兵以上ならDP14,900で交換でき、入手が容易
・副兵装はどれもクセあり。慣れるまで使いにくい
・シールド込みでも耐久はやや低め
・「HADES」が切れるとどうしようもない

特殊システム「HADES」を搭載している機体。EXAMと異なり防御面が多少落ちますが、各部ダメージの回復と、400汎用ではありえない機動性を発揮できるのが魅力。効果時間もやや長め。

180mmキャノンの大よろけを筆頭に、静止撃ちでDPSが高いミサイル、蓄積の優秀なビームガンと副兵装が多く、適時選んで使えるようになるとMAPを選ばず活躍できるようになります。

ジム・ドミナンス[水中用装備]

・2種格闘と高い格闘補正で瞬間DPSが高い
・ワイヤーがあるので大よろけから格闘が狙える
・蓄積よろけをブースト魚雷で取れる
・射撃ではほとんどダメージが出せない
・水陸適正を加味しても足回りはやや微妙

近接特化型の水陸機。2種格闘とワイヤー、さらにブースト中にも使える魚雷で蓄積も取れます。接近さえできれば格闘への起点が非常に作りやすいです。

ただし、射撃補正が7。接近できないと何もできない機体なので、出撃MAPは選びましょう。

ジム・スナイパーⅡ[WD隊仕様]

・回転率抜群の即よろけでひたすら拘束する
・緊急回避がない相手を延々とハメられる
・観測情報連結で敵HPを共有可能
・二等兵以上ならDP8,600で交換でき、入手が容易
・主兵装はノンチャが基本など、立ち回りに慣れが必要
・特徴的なスキルはなくシンプルで、爆発力はない

主兵装の即よろけかつクールが3秒という超回転率を誇るLBRと、サーベルで延々と敵を拘束し続ける妨害タイプのMS。ひたすら撒くだけでも敵からすれば嫌らしい機体です。

観測情報連結があるので、支援機が出せない、いない時でも敵HPを共有できます。

ただ、LBRはノンチャ運用が前提で静止撃ち。副兵装はバルカンと投擲グレのみなシンプル構成なので、しっかり火力を出していくには操作難易度がやや高いMSとなっています。

その他LV2以上で戦えるMS

・水中型ガンダム(LV2:ワイヤー格闘で立ち回れる)
・ザクⅡ[シュトゥッツァー](LV2:射撃とワイヤーで戦える)

450コスト

ジェダ

・豊富な射撃兵装で安定したダメージ供給
・副兵装で蓄積を取りやすく、ダウン中にFFを気にせず火力を出せる
・下格闘が長く踏み込むのでダウンさせやすい
・空中プログラムLV3持ち。空中でスラ移動が可能
・即よろけが主兵装しかなく、射撃戦はそこまで得意ではない

ムーンガンダムから現れた新星。豊富かつ優秀な射撃兵装と伸びる下格闘が特徴。このコスト帯で空中プログラムLV3を保有しており、空中で変態機動も出来ます。

ケンプファー

・SGによる強襲ストッピング性能が極めて高い
・2艇バズとシュツでよろけを出しつつ火力も出せる
・スラスター75と強制噴射、マニューバーまで所持
・二等兵以上ならDP19,900で交換でき、入手が容易
・HP13,000と実弾ビーム耐性6。耐久が絶望的

強襲泣かせのSG、副兵装にバズとシュツを2艇持ち。高いスラスター量にマニューバーでゴリ押しも可能。代わりに絶望的な耐久性という、実装当初からピーキーな性能でした。

アップデートによりEXブーストを獲得し、より吹かし放題に。紙装甲なので扱いが簡単なMSではないですが、アンチ強襲機として絶対的な地位を確立しています。

ジムⅢパワード

・困ったらタックルを撃つと何とかなるタックル特化
・近接時にタックルを警戒させ、相手のペースを崩しやすい
・高いHPと各種耐性にシールドという超耐久
・射撃ではほとんどダメージが出せない
・本来最終手段であるタックルを常用する操作慣れが必要

瞬間噴射精密制御とインターラプトタックル、強化タックルLV5というタックル特化MS。下格闘→タックルが基本コンボになるという変わった機体なので、乗り回すには独特の慣れが必要です。

相手は常にタックルを警戒しなければならず、その威力と時間も長いので倒すのに手間取ります。各種耐性も高くジム族お馴染みのデカシールドまで所持しており、とにかくタフ。

その他LV2以上で戦えるMS

・ペイルライダー[陸戦重装備仕様](LV2:180mmとHADESで喰らいつける)
スポンサーリンク

500コスト

メタス[重装備仕様]

・ビームと実弾の両方が使える射撃特化
・蓄積を取りやすく、強襲機も止められる
・変形による立体機動と適正距離維持の相性バツグン
・二等兵以上ならDP10,100で交換でき、入手が容易
・可変機の立ち回りが独特なので慣れが必要

リック・ディアスに並ぶどころか追い越してしまった、500コストの射撃系環境機。実弾とビームの両方で、接近せずに敵機を溶かしてしまうMSです。

一応連撃がないなど、接近時はやや不器用。とはいえ近付かせない、近付けば変形ラムアタックで轢き逃げと択が多い機体。GPで買える機体とは思えない高性能っぷりです。

ジェガン

・使いやすい射撃兵装と高い射撃補正
・操作難易度が低く、戦果が安定しやすい
・二等兵以上ならDP11,100で交換でき、入手が容易
・(ギラ・ドーガほどではないが)ヒットボックスが大きい

実装当初は使いようがないレベルに弱かった機体でしたが、度重なるアップデートにより強機体に進化した量産機。攻撃補正が高く、特に射撃でのダメージがよく出ます。

防御性能が低いワケではないのですが、このコスト帯の中ではヒットボックスが結構大きいです。ジェダと同様に射撃戦がそれほど得意じゃないこと前提の、一歩下がった立ち回りが良いでしょう。

ギラ・ドーガ

・高性能ワイヤーによる大よろけでタイマンや強襲機相手に強い
・2種格闘による近接火力が高い
・防御補正が高く、緩衝材の部位も多い
・主兵装やシュツの性能は悪くないが、射撃補正が低くダメージが出ない
・とにかくヒットボックスがデカい

原則「G・D指揮官用B・マシンガン」に換装した方が強い点は注意。

主兵装を換装できれば中遠距離からよろけ取りが容易になり、格闘機としての使い勝手が圧倒的に良くなります。ワイヤー大よろけや2連シュツなどで、強襲機とタイマンが張れる汎用機です。

550コスト

ギラ・ドーガ改

・アクティブガードと緊急回避の両方を持つ、高い生存力
・HPや各種耐性も優秀で、最前線で壁になれる
・ドーガ譲りの近接火力とワイヤーによるタイマン力
・汎用機なのに観測情報連結を持つ
・アンチステルスが同コスト帯で機能しやすい
・やっぱり射撃戦は苦手
・アクティブガードが扱えないと真価が発揮されない
・元々デカいドーガよりさらにデカい

アクティブ・ガードと緊急回避を両立させた超耐久MS。改造元の高い近接能力やワイヤー大よろけはそのままで、改の名にふさわしい機体に仕上がっています。

さらになんと観測情報連結持ち。支援機がいない時でも敵HPを共有できます。アンチステルスも所持しており、550帯で増えているステルス機を多少感知しやすいことも◯。

量産型百式改

・主兵装が当てやすく炎上デバフでダメージを稼げる
・2種の即よろけと伸びのある下格闘
・同コスト帯の中でヒットボックスがかなり小さい
・即よろけの弾数が少なく、息切れしやすい
・高速移動205はかなり遅い(百式族の呪い)

主兵装の焼夷弾がじわじわとダメージを上げてくれる、元の百式より断然扱いやすい機体。蓄積よろけが苦手な分、即よろけが得意で操作難易度が低いMSです。

格闘もステイメンと同じ踏み込みなので、下格確定距離が長く優秀。代わりに即よろけ兵装はすべて弾数が心許無いので、足の止まるBガトや頭部Bも積極的に使っていきましょう。

EWACジェガン

・センサーユニットで定期的に範囲スポットとジャミングをバラ撒く
・自身はステルスでレーダー感知させない
・下格闘のモーションが優秀で倍率も180%と高い
・蓄積よろけが苦手でマニューバーに弱い
・緊急回避がなく、捕まると逃げられない

自身はステルスで潜伏し、センサー・ユニットにより範囲スポットとジャミングをばら撒くレーダー破壊系MS。コイツのせいで550帯のレーダーはかなりアテになりません。

格闘火力が高く、即よろけはジェガンシリーズ共有の主兵装が使えるので扱いやすいです。反面、火力のある副兵装は腰部グレネードのみ。しっかり気配を消して格闘を叩き込みましょう。

ジェガン[エコーズ仕様]

・多彩な射撃兵装を持ち、蓄積よろけが得意
・主兵装で即よろけも取れるので臨機応変に対応しやすい
・偽装伝達装置でヘイトを切ったり背面を取る立ち回りが可能
・吸着グレネードは扱えれば非常に優秀
・蓄積よろけ、偽装伝達の活用など操作難易度が高い
・スキルは近接乱戦向きだが、近接火力は標準程度

EWACがレーダーを破壊するなら、こちらは偽装伝達で疑心暗鬼にさせてくるジェガン。副兵装が多い上にそれぞれ優秀で、偽装持ちにありがちな「偽装以外何もできない」ことのないMSです。

ただ、副兵装はどれもちょっとクセがあり、偽装伝達も合わせて操作難易度はやや高め。慣れてくるほどに強さを実感していく、味わい深いジェガンです。

空中プログラムLV3を保有しており、空中変態機動も出来ます。

その他LV2以上で戦えるMS

・メタス[重装備仕様](LV2:可変射撃機として十分過ぎる性能)
スポンサーリンク

600コスト

メッサーラ

・変形中は蓄積よろけ400%まで耐える意味不明耐久
・HPと各種耐性も高く、緩衝材をある
・2種格闘に射撃兵装もあり、全体的なスペックが優秀
・クソデカヒットボックスにマニューバーがなくMS形態時がキツい

実装当時から超玄人向けだった大型可変MS。アップデートを重ねた結果、変形中は蓄積400%まで耐えるという空の王者となりました。変形中は下格闘、タックル、大よろけ以外止まりません。

ただし、地上では相変わらずマニュの無いクソデカヒットボックス。MS形態中を如何に凌ぐかを考えるMSです。天敵はアトラス(というかメデューサ)。

アトラスガンダム【TB】

・「ヴェロス・メデューサ」で敵の変形を強制解除できる
・自分はサブレッグで高性能なフライトが可能
・2種格闘を強判定で振り回す高いゴリ押し力
・このコスト帯で忘れがちな水中適応と水中機動射撃持ち
・ヒットボックスに対してHP17,500はやや不安
・蓄積よろけが取りづらくマニューバー押しに弱い

多種多様なMSが空を飛ぶ中、サブレッグで飛ぶまさかの水陸適正ガンダム。最大の強みは副兵装『ヴェロス・メデューサ』で、当てると相手MSは変形やフライトシステムが強制解除されます。

「自分は飛ぶが相手が飛ぶのは許さない」という、フライト版ザク・フリッパーのような機体。さらに格闘2種かつ強判定、無駄のない射撃兵装と持つべきものを全て持った環境機です。

ただ、あまりに暴れすぎた結果メデューサのリロードが10秒から25秒に大幅低下。それでも状況を問わず可変機を封じることができ、相手は迂闊に接近できないMSであることは変わりません。

量産型ZZガンダム

・豊富な射撃兵装で距離を選ばず戦える
・高速移動中でも使える拡散ビームが強い
・移動中もチャージ可能なハイメガ(かつ大よろけ)
・足回りはやや遅い
・空が自由に飛べない

主兵装のダブルビーム、キャノンでよろけ追撃、追撃向けミサイル。そして高ダメージかつ大よろけを付与できるハイメガを持つ、たぶん改造元のZZより器用な機体。

地上で戦えば同じコスト帯では圧倒的に強い反面、コスト600汎用機はことごとく空を飛んでいるので、動きが制限されがちなのが弱点。格闘やハイメガを上手く扱っていきたいです。

アンクシャ

・蓄積に少し弱くなり、代わりに圧倒的機動性を得たメッサーラ
・可変時の速度とスラスター燃費がバケモノ
・回転の良い空中格闘で急襲したり、他の可変機を落とせる
・相変わらずMS形態時はキツい

魔改造されたアッシマー。最大の特徴は新スキル「ムーバブル・シールド・バインダー」。広いMAPを一息でMAP端から端まで飛べるほどのスラスター効率で、延々と戦場を飛び回ります。

弱点もメッサーラと同様なのですが、こちらは燃費効率が異常なせいで着地やスラ切れを狙いづらく、MS形態を狙わせない立ち回りを行いやすいです。副兵装のライフルもかなり優秀。

 

オススメ環境強襲機編もあります!

以上だ! また会おう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
バトオペ2レビュー

コメント

  1. ガズエル使い より:

    ガズエル、ガズアルがいないのが不思議wツインランサーで格闘二種ハメあり、br副兵装でよろけ2。緊急回避2あり。にわかランキングすぎるw

シェアする
ふーらいをフォローする
ふーらいの思うこと