【バトオペ2】改修施設を利用して強化上限を開放すべきオススメのMSまとめ

※最新パッチに順次対応、更新していきます。

どうも、改修施設にはとりあえず百式を入れました。強いとは言っていません。ふーらいです。

2020年6月25日に、改修施設が実装されました。

▲強化値の上限を開放し、新たな能力を付与できる

今回はこの改修施設で、上限を開放して強化すべきMSをピックアップしていきます。

目次

スポンサーリンク

2つの大前提

1.好きなMSを改修した方が良い可能性大

バトオペは定期的にアップデートでバランス調整を行います。現時点では使いにくいMSも、ある日を境に強機体に昇華する可能性があります。

そして、レアリティやコストが高くなるほど改修時の消費DPや、改修後の必要強化回数が多くなります。コスト600を2回改修した場合、チケットを使わないとフル強化に4ヶ月以上かかります。

改修は強化上限が開放されるだけなので、改修後はまた強化が必要です。

そんな一種のやり込み要素的システムなので、やっぱり手慣れた愛機から改修してしまうのが無難かと思われます。

現状での環境機を強化しようと改修し、再強化の間に別の機体が環境機体となったりすると、残念な気持ちになることは間違いありません。

2.ステータスを上げてくれる改修が無難

機体のステータスを直接上げてくれない強化は、一部例外を除き微妙です。具体的にはこの辺り。

・支援砲撃耐性:支援砲撃の被ダメージ-30%
・緊急出撃:リスポーン時間1秒短縮
・強化セキュリティ:MS鹵獲に必要な時間+3秒
・爆発物取扱いサポート:爆弾設置、解除時間-2秒

これらはベーシックルール以外だとほぼ機能せず、使えるシーンが稀。一応、支援砲撃耐性だけはまだ出番がある方ですが、直撃を貰ったら3割軽減しても一緒と言わざるをえない感じ。

そして、現在の環境機ほど上記の残念能力が追加される傾向にあります。ガンダムMk-Ⅱ、リック・ディアス、グフ飛行試験型などは改修の労力にまったく見合っていません。

逆を言えば、改修内容に上記が含まれていない改修は基本的にどれも有用です。

例外としては、特定の機体カテゴリに強くなる系(対汎用攻撃プログラムなど)。パーセントでダメージを増減してくれるので、機体によっては非常に強力になります。

スポンサーリンク

改修オススメMS汎用機編

()内はコストです。

★1ジム寒冷地仕様(LV1:250~LV3:350)

・シールド構造強化:シールドHP+800
・AD-FCS:射撃補正+4

シールド強化は微妙ですが、射撃補正アップは本機の性能にとって非常に嬉しいです。

★1ジム・コマンド(LV1:250)

・対汎用防御プログラム:汎用機からの被ダメージ-3%
・AD-PA:格闘補正+4

コスト250ならまだまだいけるMS。HPが低い本機の防御を上げ、格闘火力を高めてくれる大変優秀な改修内容です。

★1陸戦型ジム(LV2:200~LV5:350)

・対汎用防御プログラム:汎用機からの被ダメージ-3%
・AD-FCS:射撃補正+4

強化タックルマシン。必然的に前に出るため、防御プログラムが美味しいです。射撃補正に関してはあったらいい程度なので、改修を1回だけにしておくのも手。

なお、本機は高レベルになるほどHPが爆増していくため、割と高コストでも頑張れます。

★1ザクⅡFS型(LV1:150~LV6:400)

・強化セキュリティ:MS鹵獲に必要な時間+3秒
・AD-PA:格闘補正+4

強化セキュリティは微妙ですが、格闘火力全振りなMSなので補正+4が非常に美味しいです。陸ジム同様、ミックスアップ用の低LVから、ロマン溢れる高LVまで用途があります。

★2ジム・インターセプトカスタムFB(LV1:350~LV2:400)

・フレーム補強:HP+500
・プロペラントタンク:スラスター+5

宇宙専用ながら、宇宙の中コスト帯では環境機。高いスラスターをさらに伸ばしてくれます。

★2ジム・カスタム(LV1:400)

・対汎用防御プログラム:汎用機からの被ダメージ-4%
・AD-FCS:射撃補正+4

強連撃を活かして戦う前衛機なので、汎用機からのダメージ軽減が非常に大きいです。こちらも射撃補正に関してはあったらいい程度。改修は1回でも十分です。

★2ガンダムEz8(LV1:350~LV4:500)

・シールド構造強化:シールドHP+1000
・AD-PA:格闘補正+4

中コストのゴリゴリ格闘MS。一見微妙なシールド強化も、本機はシールドタックルがあるので他MSよりは活かせます。

★2フルアーマーガンダム陸戦タイプ(LV1:450~LV2:500)

・対汎用攻撃プログラム:汎用機への与ダメージ-4%
・AD-FCS:射撃補正+4

ただでも射撃系汎用として強力なのに、それを後押しする改修内容。強い。

スポンサーリンク

★2ヅダF(LV1:400~LV2:450)

・プロペラントタンク:スラスター+5
・AD-FCS:射撃補正+4

本機の得意分野をどちらも伸ばしてくれる、有用な改修内容です。

★2陸戦高機動型ザク(LV1:300~LV2:350)

・プロペラントタンク:スラスター+5
・AD-PA:格闘補正+4

捨てるところのない改修内容。コスト400以上は低いビーム耐性が辛いかもしれません。

★2高機動型ザク(LV1:300~LV3:400)

・プロペラントタンク:スラスター+5
・AD-FCS:射撃補正+4

こちらも捨てるところのない改修内容。

★2ハイゴッグ(LV1:350~LV2:400)

・フレーム補強:HP+500
・AD-FCS:射撃補正+4

強化パッチで一気に環境機となった水泳部。改修内容も優秀です。

★2イフリート(LV1:300~LV3:400)

・強化セキュリティ:MS鹵獲に必要な時間+3秒
・AD-PA:格闘補正+4

強襲機の天敵。格闘機なので格闘補正+4はぜひ欲しいところ。

★2ジムⅢ(LV1:400~LV2:450)

・フレーム補強:HP+500
・AD-FCS:射撃補正+4

改修内容は無難に強いです。元が強いのでオススメできます。

★2ハイザック(LV1:400~LV2:450)

・フレーム補強:HP+500
・AD-FCS:射撃補正+4

改修内容はジムⅢと同じ。カッチカチなMSなのでHP+500でさらに硬くなれます。

★3ガンダム(LV1:400~LV2:450)

・フレーム補強:HP+700
・AD-PA:格闘補正+5

我らが主人公機。速度系が他MSと比べて控えめなMSですが、格闘が強判定である本機と改修内容は噛み合っています。

★3ガンダム4号機(LV1:450~LV2:500)

・シールド構造強化:シールドHP+1200
・AD-FCS:射撃補正+5

射撃系MSなので補正+5が有用。デスビームメガビームランチャーがさらに強くなります。ただ、★3高コストの改修2回はかなり重い……

★3ガンダム試作1号機Fb(LV1:550)

・緊急出撃:リスポーン時間1秒短縮
・AD-FCS:射撃補正+5

宇宙の550環境機。こちらも射撃系MSなので補正+5が有用。必要な強化値が高いのもお約束。

★3ペズン・ドワッジ(LV1:400)

・耐ビーム装甲補強:耐ビーム補正+5
・AD-FCS:射撃補正+5

ビームが増えてくるコスト帯で耐ビーム+5は美味しいです。元から高い射撃補正も伸ばせます。

★3ケンプファー(LV1:450~LV3:550)

・耐実弾装甲補強:耐実弾補正+5
・AD-FCS:射撃補正+5

紙装甲でお馴染み。改修で耐実弾がマシにできます。射撃兵装が多いので射撃補正増加も有用。

★3サイコ・ザク(LV1:500~LV2:550)

・緊急出撃:リスポーン時間1秒短縮
・AD-FCS:射撃補正+5

宇宙専用。緊急出撃はともかく、射撃兵装を山程積んでいる本機と射撃補正+5の相性は抜群。強化されて一気に宇宙の環境機として戦えるMSになったため、オススメです。

★3ディジェ(LV1:550~LV2:600)

・耐実弾装甲補強:耐実弾補正+5
・AD-PA:格闘補正+5

どちらも有用。一見このコストだと耐実弾は微妙に見えて、地上では支援機で実弾をガンガン撃ってくる2号機MLRSがいるので、あって損はしません。格闘補正は言わずもがな。

★3アッシマー(LV1:550~LV2:600)

・緊急出撃:リスポーン時間1秒短縮
・AD-FCS:射撃補正+5

元から強いので普通にアリ。射撃戦が主なので射撃補正+5がフルに活かせます。

スポンサーリンク

改修オススメMS強襲機編

★1ジム・ライトアーマー(LV1:100~LV5:300)

・冷却補助システム:スラスターOH時の復帰時間3%短縮
・AD-PA:格闘補正+4

改修する前の強化内容が良い上に、改修後も優秀。MS自体も低コスト強襲として安定しています。

★2グフ・フライトタイプ(LV1:400)

・冷却補助システム:スラスターOH時の復帰時間3%短縮
・対汎用防御プログラム:汎用機からの被ダメージ-4%

弱体化されたものの、LV1ならまだまだやれます。フライトシステムでOHさせやすいため、冷却補助が腐りづらいです。

★2ゴッグ(LV1:300~LV2:350)

・耐格闘装甲補強:耐格闘補正+4
・フレーム補強:HP+500

衝撃吸収機構でゴリ押すジオン水泳部。ただでもカチカチなのに、さらに耐格闘とHPが増加。

★2リック・ドムⅡ(GH)(LV1:400~LV2:450)

・耐格闘装甲補強:耐格闘補正+4
・フレーム補強:HP+500

宇宙専用。特に戦闘領域の狭い宇宙要塞内部、廃墟コロニーで真価を発揮します。混戦になるので耐格補正との相性も良いです。

★2ドラッツェ(LV1:200~LV3:300)

・シールド構造強化:シールドHP+1000
・AD-PA:格闘補正+4

宇宙専用。宇宙の低コスト強襲としては大変優秀で、格闘補正+4はぜひ欲しいです。ただ、シールドはマニューバーの邪魔になるので、サッサと壊れて欲しかったり……

スポンサーリンク

★3ストライカー・カスタム(LV1:450~LV2:500)

・強化セキュリティ:MS鹵獲に必要な時間+3秒
・AD-PA:格闘補正+5

格闘兵装をガン回しするMSなので、補正+5が他MS以上に美味しいです。

★3プロトタイプガンダム(LV1:350)

・フレーム補強:HP+700
・AD-PA:格闘補正+5

400以降は厳しいですが、350なら安定したバズ格強襲として活躍できます。改修内容も良好。

★3G-3ガンダム(LV1:450~LV3:550)

・対汎用防御プログラム:汎用機からの被ダメージ-5%
・AD-FCS:射撃補正+5

度重なる強化でようやく戦えるようになった射撃系強襲機。パーツで装甲をガチガチにできるので、防御プログラムで落ちづらい強襲機として戦うことが可能。射撃補正も美味しいです。

★3ガンダム5号機(LV1:450~LV3:550)

・対汎用防御プログラム:汎用機からの被ダメージ-5%
・AD-FCS:射撃補正+5

こちらも射撃系強襲で、強化内容もG-3と同じ。こちらはG-3と比べると火力が出しやすいです。

★3ズゴックE(LV1:400~LV3:500)

・対汎用防御プログラム:汎用機からの被ダメージ-5%
・AD-PA:格闘補正+5

蓄積よろけから強力なクローで火力を出すMS。非常に美味しい改修内容です。

★3ギャプラン(LV1:550~LV2:600)

・冷却補助システム:スラスターOH時の復帰時間3%短縮
・AD-FCS:射撃補正+5

高コスト強襲の環境機その1。改修内容も優秀なので、所持しているなら改修オススメです。

★3ハンブラビ(LV1:600)

・冷却補助システム:スラスターOH時の復帰時間3%短縮
・AD-PA:格闘補正+5

高コスト強襲の環境機その2。格闘兵装を3種使う機体なので、改修内容がお得。ただし、本機は耐実弾補正がかなり低いため、高コストのビーム環境が変わると相対的に弱体化する恐れがあります。

スポンサーリンク

改修オススメMS支援機編

★1ジム・キャノン[空間突撃仕様](LV1:250~LV2:300)

・プロペラントタンク:スラスター+5
・AD-FCS:射撃補正+4

宇宙専用の低コスト支援機。コスト250~300の支援機は、とりあえず本機を出しておけば間違いはないです。改修内容も優秀。

★1量産型ガンタンク(LV1:250)

・耐実弾装甲補強:耐実弾補正+4
・AD-FCS:射撃補正+4

超射程からキャノンをばら撒く害悪支援機。MAPを選ぶものの、広いMAPでは非常に厄介な存在なので改修はアリ。改修内容はデザート・ジムと同じで優秀。

★1ザク・キャノン(LV3:200~LV4:250)

・フレーム補強:HP+500
・AD-FCS:射撃補正+4

以前は高コストでもマシンガンでバリバリ行けましたが、最近はちょっと厳し目な支援機。改修内容は優秀なので、LV4以下なら活躍のチャンスはあります。

★1ザク・タンク[砲撃仕様](LV1:300~LV2:350)

・対支援攻撃プログラム:支援機への与ダメージ+3%
・AD-FCS:射撃補正+4

量産型ガンタンクを強化したようなMS。相変わらず広いMAPで強いです。支援機相手だとダメージが増すという、ちょっと変わった能力が追加されます。

★1ギガン(LV1:200~LV3:300)

・耐実弾装甲補強:耐実弾補正+4
・AD-FCS:射撃補正+4

遠距離からキャノンだけでなく、マシンガンも使える機体。改修内容はいつもの耐実弾+射撃補正で無駄がありません。

★2デザート・ジム(LV1:250)

・耐実弾装甲補強:耐実弾補正+4
・AD-FCS:射撃補正+4

低コストで出せる大よろけ持ち支援機。主兵装に爆風がなく使い手を選ぶものの、改修内容は低コスト環境にピッタリの耐実弾補正と、火力底上げの射撃補正なので極めて優秀です。

★2ザクⅠ・スナイパータイプ(LV1:300~LV3:400)

・耐実弾装甲補強:耐実弾補正+4
・AD-FCS:射撃補正+4

小さいながらも爆風付き大よろけが使える、タフな支援機。コスト帯的にも耐実弾補正が活きてきます。基本的にはバルカンが届く距離で戦う必要があるMSです。

★2ビショップ(LV1:350~LV2:400)

・耐実弾装甲補強:耐実弾補正+4
・AD-FCS:射撃補正+4

宇宙専用の中コスト環境支援機。このコスト帯だと実弾もよく飛んでくるので、無駄のない改修内容となっています。

★2ドム・キャノン[複砲仕様](LV1:350~LV2:400)

・フレーム補強:HP+500
・AD-FCS:射撃補正+4

よろけ取りのプロ。そもそも元から強いので、改修オススメです。

スポンサーリンク

★2ガンキャノン・ディテクター(LV1:450~LV2:500)

・フレーム補強:HP+500
・AD-FCS:射撃補正+4

高コスト帯でのよろけ取りのプロ。改修内容も無難に強いです。

★2ネモⅢ(LV1:500)

・耐実弾装甲補強:耐実弾補正+4
・AD-FCS:射撃補正+4

回転の良い残弾型BCが強い支援機。耐実弾補正はやや微妙ですが、元が強いので改修アリです。

★3陸戦強襲型ガンタンク(LV1:400~LV2:450)

・耐実弾装甲補強:耐実弾補正+5
・AD-FCS:射撃補正+5

タンクモードで突っ走る異端の支援機。格闘を他支援機以上に振る機会がなく、射撃補正がそのまま火力になります。ヒルドルブと異なり、変形しないと良さがまったく活きない点には注意を。

★3フルアーマーガンダム(LV1:450)

・フレーム補強:HP+700
・AD-FCS:射撃補正+5

よろけと火力を両立できる支援機。ライバルであるマドロックの改修内容が微妙過ぎるので、相対的に強化されています。LV2以降は、次に紹介するタイプBの方が良いです。

★3フルアーマーガンダム[タイプB](LV1:500~LV2:550)

・フレーム補強:HP+700
・AD-FCS:射撃補正+5

普通に強かったFAの強化型。実装当初はやや微妙でしたが、アップデートで強機体になりました。改修内容もFAと同じで強力です。

★3ジーライン・フルカスタム(LV1:450~LV2:500)

・耐実弾装甲補強:耐実弾補正+5
・AD-FCS:射撃補正+5

持ち替えの早いBCと、格闘を振りに行ける高バランス型支援機。改修内容が良いので、乗り慣れている人にはオススメ。

★3ガンダム試作4号機(LV1:550~LV2:600)

・耐実弾装甲補強:耐実弾補正+5
・AD-FCS:射撃補正+5

宇宙専用。宇宙の高コスト支援は本機が環境機のため、とりあえず改修して射撃補正を上げておきたいところ。耐実弾補正に関しては、現状ではあまり役に立たない可能性が高いです。

★3ヒルドルブ(LV1:400~LV2:450)

・耐実弾装甲補強:耐実弾補正+5
・AD-FCS:射撃補正+5

タンクモード支援機その2。やっぱり格闘を振る機会が皆無で射撃補正が有用。変形が使えなくても固定砲台になれるのがメリットですが、ヒットボックスは特大サイズになります。

 

以上だ! また会おう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
バトルオペレーション2
ふーらいをフォローする
ふーらいの思うこと