中部電力のサービス「カテエネ」に登録してみた。メリットを解説!

ごあいさつ

どうも、ふーらいです。

突然ですが、私たちの家庭では中部電力を利用しています。

中部電力

中部電力とは、愛知、岐阜、三重、静岡、長野といった中部エリアを担当している電力会社です。最近では、東京の一部でも契約が行えます。

この中部電力には、カテエネというサービスがあります。

カテエネのサービス

電気料金をWebで確認できる他、他の家庭と料金比較ができたり、電気料金でポイント付与などいろいろありますが……なんか、情報が多すぎてよく分からん!

というワケで、実際に登録してみました。特にメリットに感じるポイントサービスに焦点を絞った上で、まとめていきます。

スポンサーリンク

ポイントサービスに絞ってメリットを紹介

※クリックorタップで公式ページにジャンプします。

とにかくいろいろとサービスがありますが、せっかく登録するのなら一番気になるのは、どの程度お得か。「で? 家計がどれくらい浮くねん!」ってとこですよね。

電気料金が少しでも節約できるなら助かります。そこで以下に、カテエネに加入すると使えるポイントサービスを書いていきます。

電気料金の支払いでカテエネポイントが貯まる

200円1ポイント

電気料金200円毎に、1カテエネポイントが貯まります。このポイントは1ポイント1円として、電気料金の支払いに使うことができます。

ポイント率としては0.5%。決して大きな値ではありませんが、電気料金はどうやっても毎月かかるものなので、地味に効いてきますね。

電気の使用量やコラムを読んでも貯まる

コラムなど

消費電力をチェックしたりするだけでも、ポイントが貯まります。1ヶ月に1回チェックするだけでも自動的にポイントが増えます。

最初に少し触れた他家庭との価格比較や、家電に関するコラムなどを読んでも貯まります。ちょこっと暇な時に見るだけでも、家計が助かります。

別世帯の家族と加入すると、もっと貯まる

家族サービス割

家族ポイント割と言うサービスがあります。

別居している家族がいる場合、その家族もカテエネを利用しているなら、月に100ポイントがお互いの家庭に加算されます。

2親等以内の家族であれば簡単な手続きで行えます。2親等の詳細はこんな感じ。

2親等の解説

※クリックorタップで拡大できます

毎月100ポイントはメチャメチャ大きいです。年間1200円分のポイントになるので、対象の家族がいる人はぜひ、家族ポイント割を利用しましょう。

あくまで双方の家族がカテエネ利用者であればOKで、家庭の使用情報などは一切共有しません。家計を知られることはないので、安心して申し込んでください。

カテエネポイントは他のポイントやギフト券に交換できる

交換先

貯まったカテエネポイントは電気料金以外にも、他の提携しているサービスのポイントと交換することができます。

Tポイントやnanaco、WAONなどのいろんな種類のポイントにすることができます。日頃使っているサービスのポイントに交換すると、大変便利です。

ギフト券にも交換できますが、こちらは交換時のポイントがやや高めになっています。ロスが気になるので、できればポイントとの交換にしたいですね。

  • 例:JCBギフトカード1000円と交換→1280Pが必要

他のポイントを電気料金の支払いに使える

逆交換

先ほどの逆パターン。他のサービスで貯まっているポイントを、電気料金の支払いに使うこともできるようになります。

貯まってはいるけれど、使いどころがなかなか来ないポイントは、この方法で消費すると無駄になりません。ポイントって使用期限が切れるとゼロ扱いですからね……

ただし、先のカテエネポイントを他のポイントに交換するのと比べると、このパターンで使えるポイントの種類はかなり少なめです。

まとめ:とにかく言えること

まとめ

お得!

ちなみに、登録に関するデメリットは一切ありません。

ポイントが貯まり、そのポイントが使えるようになるだけです。会員費なども一切ありません。本当に得するだけ!

紹介したポイント関連以外にもいろんなサービスがありますが、とにかく便利になるだけ。登録したら不便になる箇所は何一つありません。

会員登録には、中部電力から毎月送られてくる電気の検針票に書かれたお客様番号が必要です。新規登録だけでいきなり300ポイント貰えるので、まずは登録を!

家庭向けWEB会員サービス|カテエネ

終わりに:もっと早く登録しとけば良かった

終わりに

もっと前からカテエネ自体はサービス開始していたのですが、私は大して興味も持たずにスルーしてたんですよ……もっと早く登録しておけば良かった。

早速換金

登録でもらった300ポイントを早速、電気料金に使いました。300円浮いたぞ!

以上だ! また会おう!!

スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

フォローする