ドットなのに新しい『OCTOPATH TRAVELER』体験版プレイしてみた感想!

ごあいさつ

どうも、ドット絵になりました。ふーらいです。

Nintendo Switchで2018年7月13日発売予定、OCTOPATH TRAVELER(オクトパス トラベラー)の体験版がリリースされました。

OCTOPATH TRAVELER

OCTOPATH TRAVELERは、スクウェア・エニックスが制作。HD-2Dという懐かしのドット絵に、奥行きと光源を加えた斬新な描写をウリにした完全新作RPGです。

8人の主人公から1人を選んで冒険するという、ロマサガ系シリーズを想わせる内容です。

ストーリー1章のみ、セーブデータ1つ、プレイ3時間までの制約があるものの、ゲーム内容は製品版とまったく同じ。さらに体験版のデータを製品版に引き継ぐことが可能です。

まずは早速プレイしてみたで!

スポンサーリンク

8人の主人公から1人を選ぶが、8周する必要はない

8人

8人の主人公から1人を選びます。いずれもさまざまな事情から、結果的に旅に出ることになります。

主人公は1人しか選べませんが、いずれの主人公を選択しても他主人公を仲間にでき、仲間にすることで他主人公のメインストーリーも追うことができると開発陣が答えています。

主人公として選べるのは1人ですが,ほかのキャラクターもそれぞれの町にいるので,いつでも仲間にしに行けますし,もちろん無視してしまうこともできます。

また,仲間にすればそのキャラクターのメインストーリーも進められるので,周回プレイせずに全員のストーリーを楽しめるのも,本作の特徴です。

[E3 2018]「OCTOPATH TRAVELER」開発陣へのインタビュー。スーパーファミコン世代の開発陣が“あの頃のゲーム”を目指した作品|4GamerNews

体験版でも他の主人公が加入する際にその主人公のオープニングから見ることができます。

さすがにエンディングがどうなるかは分かりませんが、ある主人公を選ばないと見ることのできないシーンは、少なからず体験版では存在しませんでした。

複数主人公のゲームは、完全にストーリーを把握しようとすると結局のところ、全員でプレイしないといけなかったりします。この設定は嬉しいですね。

とはいえ、主人公は絶対にパーティから外せないため、どうせなら一番好きな主人公を選びたいです。体験版で今のうちにお気に入りの主人公を探しておくと良いでしょう。

また、主人公はそれぞれにテーマBGMがあります。好きBGMで選ぶ手もありますね。

テーマBGMは、公式サイトから視聴することもできますよ。

旅立とう、きみだけの物語へ――|OCTOPATH TRAVELER

フィールドコマンドも仲間にすれば使える

フィールドコマンド

主人公にはフィールドでNPC相手に使えるフィールドコマンドというものがあります。

たとえば、剣士オルベリクであれば「試合」を申し込んでNPCと決闘したり、神官オフィーリアであれば「導く」ことでNPCを戦闘中に呼ぶことができます。

これらフィールドコマンドも、仲間として連れていれば他主人公のものも使用できます。

フィールドコマンドは戦闘を有利にするのはもちろん、さまざまなサブイベントで使え、さらに誰の固有アクションをどのNPCに使うかで、イベントの結果が異なります。

あるNPCの持つアイテムがイベントに必要だったとき、盗賊テリオンなら「盗む」でしょうし、商人トレサなら「買い取る」でしょう。当然、過程も結果も変わってきますね。

戦闘は戦略性のあるコマンドバトル

コマンドバトル

戦闘はシンプルなコマンドバトルですが、ブレイクとブーストという2つのシステムを駆使して戦う、戦略性の高い仕様となっています。

ブレイクさせよう

ブレイク

敵には複数の弱点属性とシールドポイントがあり、弱点属性で攻撃を行うと高いダメージが与えられる上に、シールドポイントを1点削ることができます。

 

ブレイク状態

シールドポイントを0にすると、敵はブレイク状態となり、1ターン分の行動不能と防御力が大幅に低下した状態になります。

弱点をとにかく突くことが大切ですが、敵の大技をブレイクさせることで防いだり、ピンチな状況に猶予を持たせたりとさまざまな使い道があります。

ブーストを使いこなす

ブースト

次にブーストです。ブーストは1ターンに1ポイント累積されるBPを使った強力な攻撃です。

BPはここで確認

BPは、各キャラクターの名前の下に表示されます。

ブーストは1回の攻撃に最大で3BPまで使用でき、消費した数×100%分の攻撃力を加算します。1BP消費なら+100%(合計2倍)3BP消費なら+300%(合計4倍)といった具合です。

さらに、ブーストした弱点属性による「たたかう」(通常攻撃)は消費したBPと同じ数だけシールドポイントを追加で削ります。

シールドが残り3点なら、BPを2点消費して攻撃すればブレイク状態に持っていけます。

ブーストは通常攻撃にはもちろん、固有のアビリティにも使えます。回復技なら効果が上がりますし、状態異常の成功率、敵から盗む確率などもブーストが可能です。

ただし、ブーストを使用した次のターンにはBPが累積されません。この都合、可能であれば最高消費である3点を使用するのがもっとも効率が良くなります。

ブレイクとブースト、この2つを上手く使いこなすことで戦闘を有利に進めていきます。

 

聖なる光

ブーストしていないオフィーリアの聖なる光は、弱点を突いてもこの程度ですが――

 

BP1点

2倍!

 

2点

3倍!

 

3点

最高の4倍!

これをブレイク状態の相手に放つと――

 

同じ聖なる光でも、ここまでダメージが高くなりました。

ちなみに、ブーストを使ってSPを消費する行動を選んでも、消費SPは変わりません。強い効果を持つアビリティは、可能な限りブーストして使いたいですね。

主人公によって異なる、先の気になるストーリー展開

オフィーリアのシナリオ

8人の主人公はいずれも旅に出ることにはなるものの、その理由は様々です。

ある主人公は、血の繋がっていない大切な家族のため。

ある主人公は、殺された父親の復讐を果たすため。

ある主人公は、知らない世界と自分を探すため。

ある主人公は、仕事以外が超テキトーな師匠のため。

冒険する世界は同じなのに、どの主人公を選ぶかで全く違う世界に見えてくるのです。いずれの主人公もこの後どうなるのか、どう展開していくのか続きを知りたくなります。

気になる点

光源にこだわっている都合、暗い場所がかなり暗く描写されているのが少し気になります。

暗くない?

このくらいはまだいい方で、商人トレサの最初に行く洞窟だともっと真っ暗で道が分かりにくいです。一応、これでも最初のデモプレイ版よりは明るくしてあるそうなんですが……

とはいえ、この暗さの中だからこそ、持っているランタンの明るさも映えている感があります。あまりにも見えないところに大事なアイテムを隠してさえなければ大丈夫だと思います。

体験版が面白かったので、購入決定

即ポチ予約った!!

Amazonの予約価格は6333円でした。楽天が6850円、Yahooだと6440円が現在最安値です。近くのゲーム店や日頃使うネットショップを参考にして買う場所を決めましょう。

実はあまり注目してなかったタイトルだったんですが……体験版でかなり面白いし先が気になってしまったので、買います。予約しちゃったゼ!

まとめ:体験版で自分に合うかプレイしてみよう

まとめ

以上、OCTOPATH TRAVELER体験版プレイしてみた感想でした!

やってみたらもうホント面白いコレ……戦闘もそうだけど、久しぶりにストーリーが気になるなって思いました。早く進めてみたいですね。

体験版は3時間しかプレイできませんが、あくまで1つのデータに対して3時間という縛り。

セーブせずに突っ走ってその後またニューゲームを繰り返すことで、全員のストーリーを体験版でも見ることができますよ。1章だいたい1時間くらいですね。

主人公によって本当に同じ世界なのに全然違って見えるので、まずはいろんな主人公で1章をプレイしてみると良いと思います。運命の主人公を見つけて、キミも旅立とう!

 

以上だ! また会おう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オクトパストラベラー ゲーム レビュー
ふーらいをフォローする
ふーらいの思うこと