【花騎士】2020年第2回キャラクターバランス調整を見た感想【反撃系強化】

どうも、キャラを見てしまうとついつい批評をしたくなる、ふーらいです。

2020年6月15日、キャラクターの性能調整が入りました。調整されたキャラは以下のとおり。

・★6スノードロップ
・★6アプリコット
・★6オンシジューム(フォスの花嫁)
・★6マロニエ
・★6レッドジンジャー
・★5ツバキ
・★5ツバキ(フォスの花嫁)
・★5ツキミソウ(イースター)
・★5ススキ
・★5カルミア
・★5アプリコット(クリスマス)
・★5オトメギキョウ
・★5チェリーセージ
・★5エーデルワイス
・★5ヒメユリ
・★5オトギリソウ

★5キャラに関しては昇華前の性能は誤差のため、注目するのは昇華後の性能になります。

スポンサーリンク

強化され、一級になったキャラ

アプリコット

反撃の倍率が4.5倍、超反撃が追加、さらに防御+30%を獲得。今回のアップデートで環境キャラと言っていいレベルのアビリティに変容しました。

思い起こせば、初めてバリアが追加された時に環境入りしたアプリコット。

その後、さまざまなキャラがバリアを持つようになり、さらに何故か同じアビリティだったハブランサスが強化されて寂しい感じになっていました。ようやくと言ったところでしょう。

レッドジンジャー

こちらも反撃の倍率が上昇し、防御アップが追加。スキルがHP吸収なので防御反撃と相性が良く、元々あったスキル倍率最大1.36倍のおかげで吸収の機会も多め。

ただし、編成次第では邪魔になるのが移動力+150。編成時の移動速度には注意を。

ツバキ

すでにアカネがいますが、昇華キャラで回避、防御、超反撃の3点持ち。弱いハズもなく。

カルミア

★5なので昇華後。細部が違うものの、仕事としては今回強化されたアプリコットと同じく超反撃、防御、バリアの3種持ち。元の状態からかなり改良されており、もはや別キャラレベルですね。

スポンサーリンク

状況によってはアリになったキャラ

スノードロップ

扱いが今回の目玉っぽい? デバフで耐えるほど火力が大幅上昇。ただ、現環境とデバフが合っているかは微妙。本人のスキルもHP吸収ではないなど、痒い所にギリギリ届かない感じ。

ツキミソウ(イースター)

攻撃されると与ダメージ+35%。本人は回避があり場持ちも良い方。被弾時特化PTを作るなら。

アプリコット(クリスマス)

実はかなり貴重な回避+ミス持ち。命中アップはやめてクレメンス。

オトメギキョウ

デバフに回避、再行動でスキルがHP吸収と、耐久のための能力が上手く噛み合っています。防御アップもあれば完璧でした。

他キャラは軽くまとめ

・オンシジューム(フォスの花嫁):相変わらず噛み合ってない
・マロニエ:属性付与+弱点ダメアップは優秀だが2属性
・ツバキ(フォスの花嫁):ボス特攻が現環境キツい
・ススキ:攻撃力+55%は破格
・チェリーセージ:ボス特攻が(ry
・エーデルワイス:微増なので立ち位置変わらず
・ヒメユリ:ボス特(ry 反撃として見るなら防御が低め
・オトギリソウ:防御アップがどうしても欲しい

だいたいこんな感じの感想でした。

 

以上だ! また会おう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フラワーナイトガール
ふーらいをフォローする
ふーらいの思うこと