【遊戯王マスターデュエル】超初心者が闇マリクごっこしてみたくなった結果【ラーの翼神竜】

どうも。ゴッド・ブレイズ・キャノンで闇のゲームに勝利したい、ふーらいです。

突然配信が開始された、遊戯王マスターデュエル。PS4、PS5、SwitchはもちろんPC、スマホでも遊べる上、デュエルリンクスと違い公式OCGルールの遊戯王がデジタルで遊べます。

一応、禁止カードなどの扱いが若干公式より古い(遅い)などの違いがあるらしいのですが、私はアニメの元祖遊戯王しか知らない勢なので詳しくはサッパリです。

でも、もし遊戯王で遊ぶのなら、ずーっと使ってみたかったカードがあります。

スポンサーリンク

ラーの翼神竜と闇マリク

アニメで描かれた《ラーの翼神竜》という神のカードと、それを扱う闇マリクというキャラが好きです。闇マリクが分からない人はぜひ、Pixiv百科のイラストでなんとなく察してください。

原作では三幻神と呼ばれる3体の神のうち、頂点に君臨する神のカード。墓地から何度も蘇り、スフィアモードやゴッドフェニックスなどの特殊形態で主人公達を苦しめました。

というワケで。

▲3枚ともガチャで出す。これぞ本当の神引きってなガハハ

OCG(オフィシャルカードゲームの略)ではフォルムチェンジも別カードとして収録されています。

というのも、OCGの《ラーの翼神竜》単品は、単刀直入に言わせていただくとゴミです。比喩ではなくマジで。ここからはアニメ知らない人は置いていく話になります。

まず、アニメ版とOCGで同じ性能なのは
1:通常召喚には3体の生贄が必要
2:召喚を魔法や罠で無効化できない
3:召喚時にライフ100を残して消費し、消費した分を攻守に加算
4:ライフ1000消費でモンスター1体破壊
以上の4点くらい(3はアニメではライフ1残しですが)です。

まず、墓地からの特殊召喚に対応していません。なんでやねん。ラーと言えば墓地からの死者蘇生やん? しかも、他の神であるオシリスやオベリスクは制限付きですが特殊召喚出来ます。

それと「ラーの攻守の値は、3体の生贄の合計値になる」もありません。じゃあ召喚時の能力はいくつかと言うと、なんと攻守0。何をどんだけ生贄にしても、0です。

そのくせ、カード表記は攻守共に?表記になっているため、さまざまなサーチカードに非対応。

最後に、これは三幻神全員ですが「罠無効、魔法の効果は1ターンのみ」もありません。つまり、3体消費して攻守0を召喚した挙げ句、ちょっとした除去で即死します。神とは??

また、アニメではやらなかった処理ですが重要な内容として「ライフ100を残して消費し、消費した分を攻守に加算」効果は召喚時にしか効果の宣言ができません。

何らかの回復手段を用意しておかないと、ライフ1000消費のモンスター破壊効果は事実上使えないことになります。かといって、攻守0で敵モンスターを破壊だけされても……

当時はその悲惨さから「ヲー」と呼ばれていたそうです。

実装当初は現在のようなモードチェンジのモンスターカードや、ラーを補佐する魔法・罠もなかったため、使おうにも使いようがないという状況だったそうです。

そして現在へ

▲ラーでフィニッシュしたリザルトはこんな感じになる

マスターデュエルで遊べる現在、ラーは回りさえすれば原作さながらの立ち回りが出来ます。

例えば《古の呪文》です。

デッキか墓地からラーの翼神竜を手札に加えられる上、この魔法を墓地に送ることで原作にあった「ラーの攻守の値は、3体の生贄の合計値になる」を適用することが出来ます。

他にも、墓地の死者蘇生を手札に戻し、墓地から死者蘇生でラーを召喚出来る《千年の啓示》、ライフを払った後に妨害されてもライフを取り戻せる《太陽神合一》などがあります。

もちろん、墓地からゴッドフェニックスで戻ってきたり、相手のモンスターを生贄にしてスフィアモードで降臨(舞が召喚しマリクに持っていかれた時の再現)したりも可能。なかなか楽しいです。

正直、強くはないと思います。いくらか実際にデュエルしてみましたが、遊戯王というゲームは1ターンにどれだけ盤面にカードが置けるかを争うゲームな気がします。ドライトロンとかね。

▲検索結果は草

この点ラーは極めてシンプルで、やれリンクだシンクロだ、Aが出たからB出して、次にBが墓地に行った効果でCが云々、そういうソリティアと呼ばれるようなカード回しは発生しません。

ただシンプルゆえに、一気にフィールドを全制圧して、相手に何もさせない……みたいなプレイングは出来ません。サーチカードも少なく、手札事故を起こすとアッサリ負けます。

原作通りスライム系を展開してゴッド・スライム→ラーの翼神竜と繋げていくのが基本。自分か相手のフィールドにモンスターが3体揃えばスフィア降臨。

▲オレと神が一体化することなのだ!!

劣勢の時は強固なスライムで防御して時間を稼ぎ、デッキに1枚しか入っていないハズの死者蘇生を何度も発動。その都度、神が墓地から舞い戻る。

まさに闇マリクの「相手をブっ倒すまで、何度でも神がよみがえるように構築してある」を体現した戦い方になります。頭は使いますが、持ち時間はそう長くなりません。

何よりライフを残り100にして、敵の盤面とか関係なく一撃で粉砕するラーは爽快です。止められたらほぼ逆転は不可ですが、そうならないよう場を整えるのも、面倒臭いからとブチ込むのも楽しい。

ってな感じで、ポケモンとピクミン以外もやっとるで! というお話でした。

※追記:初心者なりに遊びつつ、ラーで戦うためのカードをいろいろ考えた記事も作成してみました。気になる方はぜひ。

以上だ! また会おう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
遊戯王マスターデュエル
ふーらいをフォローする
ふーらいの思うこと