【遊戯王マスターデュエル】先攻制圧ソリティアを許すな! どんなデッキでも使えるオススメの手札誘発&汎用妨害カードを紹介

どうも。闇マリクごっこは楽しいですが手札誘発に弱すぎると思う、ふーらいです。

ランクマッチでレートが上がってくると、先攻制圧タイプのデッキが多くなります。

▲【ドライトロン】は簡単に召喚し過ぎである

先攻でカードを出しては落としてを繰り返し、相手を徹底妨害出来る《崇光なる宣告者》や《真竜皇V.F.D.》を召喚。後攻プレイヤーは何もさせて貰えず封殺されます。

後攻プレイヤーは魔法・罠カードが使えないため、先攻の展開を妨害するのが困難。最初に出てきたカードを見て何をしてくるかが分かっているのに、止めようがない……

そこで、まずはこちらが後攻1ターン目でも発動出来る手札誘発を紹介。これらのカードが初期手札にあれば、相手の展開を抑制出来ます。

次に、展開された後。先攻制圧された上でこちらにターンが来た時に、その制圧効果を掻い潜って通すことの出来るカードを紹介します。

スポンサーリンク

相手の先攻1ターン目に使える手札誘発

《灰流うらら》[UR]

チューナー・効果モンスター
星3/炎属性/アンデット族/攻 0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードを手札から捨てて発動できる。
その効果を無効にする。
●デッキからカードを手札に加える効果
●デッキからモンスターを特殊召喚する効果
●デッキからカードを墓地へ送る効果

親の顔より見たうらら。このゲームにおいて1ターンで大量展開する場合、ほぼ確実にデッキから何かを引っ張ってきます。刺さらないシーンの方が少ない、優秀な妨害効果です。

使い所は相手のデッキとプレイによるので一概には言えませんが、分からない時や初心者のうちは使うかと聞かれたらとりあえず投げとけくらいの感覚で良いです。

《エフェクト・ヴェーラー》[UR]

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/魔法使い族/攻 0/守 0
(1):相手メインフェイズにこのカードを手札から墓地へ送り、
相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

効果モンスターの効果を無効にする手札誘発。大量展開を手助けする効果を持つモンスターに使うことで、相手のテンポを崩します。

《無限泡影》[UR]

通常罠
自分フィールドにカードが存在しない場合、このカードの発動は手札からもできる。
(1):相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
セットされていたこのカードを発動した場合、
さらにこのターン、このカードと同じ縦列の他の魔法・罠カードの効果は無効化される。

自分フィールドにカードが存在しない場合、手札から出せる罠カード。

同じ効果の《エフェクト・ヴェーラー》と比べて、1ターン目が過ぎた後に設置して使うと縦列を無効化してくれる点で優位。代わりにサーチは難しくなっており、一長一短です。

スポンサーリンク

《幽鬼うさぎ》[UR]

チューナー・効果モンスター
星3/光属性/サイキック族/攻 0/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのモンスターの効果が発動した時、
またはフィールドの既に表側表示で存在している魔法・罠カードの効果が発動した時、
手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
フィールドのそのカードを破壊する。

こちらは対象カードを破壊する効果がある手札誘発。発動した効果自体は止められないものの、破壊するので上級以上のコストがかかっているモンスターや、永続魔法・罠に対して強いです。

《ドロール&ロックバード》[SR]

効果モンスター
星1/風属性/魔法使い族/攻 0/守 0
(1):相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合、
このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
このターン、お互いにデッキからカードを手札に加える事はできない。
この効果は相手ターンでも発動できる。

1度相手がサーチなどでカードを手札に加えた際に捨てることで、そのターン中「手札に加える」ことが出来なくなる手札誘発。

相手が1度は手札に加えないと発動出来ないため、1回目は通してしまうのが欠点。しかしターン中禁止になるので、その後の展開をドローやサーチに頼る場合は完全に封じられます。

《原始生命態ニビル》[UR]

効果モンスター
星11/光属性/岩石族/攻3000/守 600
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手が5体以上のモンスターを召喚・特殊召喚したターンのメインフェイズに発動できる。
自分・相手フィールドの表側表示モンスターを可能な限りリリースし、このカードを手札から特殊召喚する。
その後、相手フィールドに「原始生命態トークン」(岩石族・光・星11・攻/守?)1体を特殊召喚する。
このトークンの攻撃力・守備力は、この効果でリリースしたモンスターの元々の攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

いろいろ書いてありますが要するに、相手が1ターン中に5体以上のモンスターを召喚した際に、相手の表側表示モンスターすべてを1体のトークンにしてしまうカード。

トークンの攻守はリリースしたモンスターの合計なので化け物みたいな値になりますが、トークンは何の耐性もないので除去効果で簡単に流すことが出来ます。

スポンサーリンク

《ノーマテリア》[UR]

効果モンスター
星1/地属性/天使族/攻 0/守1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにカードが存在せず、相手がモンスターの特殊召喚に成功した場合、
このカードを手札から捨て、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターはリリースできず、融合・S・X・リンク召喚の素材にもできない。

自分フィールドにカードがなく相手が特殊召喚をした際、そのモンスターのリリースとエクストラデッキへの素材使用を封じるカード。

1ターン目先攻で大量展開するデッキのほとんどはエクストラに頼っているため、このカードで流れを止めることが出来ます。キーカードを棒立ちさせ、返しのターンで除去してしまいましょう。

反面、1ターン目が終わってしまうと腐りがちなのがやや難点。

《D.D.クロウ》[SR]

効果モンスター
星1/闇属性/鳥獣族/攻 100/守 100
(1):このカードを手札から墓地へ捨て、
相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

相手の墓地のカード1枚を除外出来るカード。シンプルながら優秀。流行りの【エルドリッチ】にはクリティカルヒットします。

《スカル・マイスター》[SR]

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1700/守 400
(1):相手の墓地で魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
その効果を無効にする。

こちらは墓地で発動した効果を無効にするカード。除外ではないため次ターン再利用される可能性はあるものの、展開を抑制出来ます。

レベル4で攻撃力1700、悪魔族など普通に戦いやすいモンスターである点も優秀。

スポンサーリンク

先攻制圧を突破するカード達

壊獣シリーズ

(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、
手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
(2):相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、
このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
(3):「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。

(画像はガダーラ。効果内容は壊獣の共通効果です)

壊獣モンスターはすべて、相手フィールドのモンスター1体をリリースして召喚出来ます。相手の場にいると厄介なモンスターをリリースして壊獣にしてしまいましょう。

召喚そのものを妨害されてもリリースは出来るので、非常に強力な除去効果となります。

《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》[SR]

▲城之内ファイヤー!

特殊召喚・効果モンスター
星8/炎属性/悪魔族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
相手フィールドのモンスター2体をリリースした場合に相手フィールドに特殊召喚できる。
このカードを特殊召喚するターン、自分は通常召喚できない。
(1):自分スタンバイフェイズに発動する。
自分は1000ダメージを受ける。

こっちは相手モンスター2体をリリース出来るモンスター。ステータスは高いものの、除去に対する耐性がないので簡単に処理出来ます。

《冥王結界波》[UR]

通常魔法
このカードの発動に対してモンスターの効果は発動できない。
(1):相手フィールドの全ての表側表示モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。

効果モンスターによる盤面制圧を無力化出来る魔法カード。先攻1ターンキルには対応出来ませんが、流行の先攻展開デッキはモンスター効果での妨害がほとんど。

そしてモンスター効果での無力化がメインのデッキは《神の宣告》などのカウンター罠を積んでいる可能性が低く、このカードが通りやすいです。

《超融合》[UR]

速攻魔法(準制限カード)
このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
自分・相手フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

手札を1枚捨てる必要があったり、フィールドのカードしか素材に出来ないなど制約があるものの、相手モンスターも巻き込めてしまう融合魔法。

エクストラデッキに《沼地のドロゴン》や《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》など融合条件の緩いカードを入れておき、相手のモンスターを融合して処理出来ます。

 

以上だ! また会おう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
遊戯王マスターデュエル
ふーらいをフォローする
ふーらいの思うこと