【ドルフロ】課金石(ダイヤ)のオススメな使い道! 優先するならどこから?

ごあいさつ

どうも、ふーらいです!

ようやくEP03までクリアしました、ドールズフロントライン!

EP03▲3-6を突破。全評価Sにするのはかなり骨が折れそうな難易度

ドルフロってどうなん? って人はこちらも参考にしてくださいませ。

中国からやってきた銃擬人化ゲーム「ドールズフロントライン」! 序盤の進め方やコツをまとめて解説します!

せっかく楽しんでプレイしているので、先日初課金してみました。が――

ダイヤでできること

できることが多すぎて、どれを優先すべきか考えないと……!

そこで、まず課金することで入手できる初回チャージ特典をまとめた上で、優先したいダイヤの使い道について以下に書いていきます。

スポンサーリンク

最初に:初回チャージ特典について

初回チャージ特典

アズレンにもあった、金額を問わず初課金すると貰える特典がドルフロにもあります。内容は以下のとおりです。

初回チャージ特典の詳細内容

  • 弾薬×1000
  • 配給×1000
  • 人力×1000
  • パーツ×1000
  • 快速製造契約×10
  • 人形製造契約×10
  • ★5AR「FAL」

各資源1000はともかく、新キャラ獲得に必ず使用する人形製造契約10個はかなりお得。快速製造契約も同時に使えば、一気に戦力を10体分拡張できます。

そして何より、★5のARであるFALが入手できます。

FALの詳細▲FALの陣形効果とスキル。どちらも強力

前方3マスに対してSMGに一番必要な回避を20%も盛れる上、スキルで範囲攻撃の榴弾を3回放つ強力な人形です。

榴弾は中盤、敵の数が増えてくると多くの敵を巻き込んで殲滅できるので便利。夜戦で出てくる榴弾以外まともに通らない相手とも、十分に戦えます。

通常の製造でも入手はできますが、率は低い上に必要な資源が多いです。ドルフロを少し遊んでみて気に入ったなら、入手しておくことをオススメします。

なお、初回チャージ特典はダイヤ購入はもちろんですが、30日間毎日ボーナスを購入した場合でも受け取ることができます。

チャージ特典を受け取る際のオススメ課金

目がカリーナ▲ダイヤ1個=2円。ただしダイヤ購入は初回のみ2倍入手できる

では初回チャージ特典を受け取るために課金するなら、どれを購入するのがいいのか。これはぶっちゃけると、ダイヤ120個か30日間毎日ボーナスの2択です。

ダイヤ120個は、金額120円で初回チャージ特典が受け取れます。最安値なので、とりあえず特典だけ欲しいという人はこちらが有力。

もうひとつは30日間毎日ボーナス。これは少々特殊ですが、要するにアズレンやプリコネにある「毎日ログインして受け取るなら最高効率」となるアイテムです。

ボーナスダイヤ

480円で購入すると、まずダイヤ240個。次に、購入したその日を含めて30日間、毎日ダイヤが22個ずつゲーム中のメール枠で送られてきます。

仮に30日すべて入手するなら、30×22=660。最初に貰える240を加算すると900個となり、480円で入手できるダイヤとしては最高効率です。

半分の15日でも15×22=330なので計570個。2日に1回はログインする見通しがあるなら、もっとも効率が良い課金方法となります。

逆に10日になってしまうと10×22=220、最初の240を足しても460個。こうなると他のダイヤを購入した方が効率は良くなります。

また、毎日少しずつ入手する都合「いきなり大量のダイヤが欲しい!」というケースには向きません。毎日コツコツ貯めていく人向けの内容となっています。

ゲームプレイだけで手に入るダイヤ

金星任務

課金以外でも、ダイヤは入手できます。

各EPの通常任務で金星勲章を獲得すると10個、緊急任務なら30個入手できます。地道に貯めておけば、後述する使い道の一部は無課金でも達成可能です。

では次に、優先したいダイヤの使い道をまとめます。

優先したいダイヤの使い道4つ

部隊上限+1(必要ダイヤ480、2回目以降880)

第5部隊

最優先したい拡張機能。使用すると、編成できる部隊が1部隊増えます。初期段階で4部隊まで組めますが、最大で10部隊まで拡張できます。

ドルフロでは後方支援に最大4部隊、自律作戦に2部隊まで使用できるため、部隊を拡張しておくと長時間ゲームから離れる際の効率が格段に良くなります。

後方支援や自律作戦中の部隊は当然ですが戦闘に出られないため、後方支援デイリーもこなしつつ出撃もしたい、なんて時にも部隊が多い方が動かしやすいです。

最優先にしたい部隊拡張ですが、最初の1部隊はダイヤ480個なので拡張しやすい反面、2部隊以上には必要なダイヤが880個と跳ね上がります。

とりあえず1部隊を開放した上で、それ以降は他の機能拡張と比較した上で検討した方が無難です。

人形保有上限+10(280ダイヤ)

人形保有上限+10

人形の最大所有数を10枠増やします。初期では100枠あり、最序盤は人形の種類が少ないためそこまで困りませんが、中盤以降はどうしても欲しくなります。

当然ですが手持ちが増えれば増えるほど枠は圧迫されるため、ゲームが進行するほど重要性が増してきます。

ドルフロでは手持ちがいっぱいでも、出撃した際のドロップは自律作戦も含めてちゃんと受け取れますが、出撃の度に「いっぱいです」と言われて戻るのは効率が悪いです。

この手の枠拡張は個人でストレスと感じる差に違いがあるので一概には言えませんが、私個人的にであれば、常に20体分くらいは余裕を持っておきたいですね。

宿舎上限+1(380ダイヤ)

宿舎

一見、ただの箱庭要素にも見える宿舎。宿舎の上限を開放すると宿舎の快適度が上昇し、宿舎で回収できるバッテリーの量が増えます。

このバッテリー。宿舎のデータルームで作戦報告書を作る際の効率に多大な影響を及ぼします。なるべく分かりやすくまとめます。

まずドルフロでは、通常得られる経験値とは別のトータル経験値というものがあります。これは人形が経験値を得る度に一定の%分が蓄積されます。

この蓄積量はデータルームにある「簡易ドローンコンソール」と「古めかしい操作ステーション」、「散らかった作業台」の性能によって変化。

次に、この蓄積したトータル経験値を「素朴なデスク」で「作戦報告書」というギフトアイテムに変換。報告書を宿舎で人形に与えると、1枚3000の経験値になります。

この一連の流れに必要なのがバッテリー。データルームにある数々の道具のアップグレードや、報告書を作成する際にもバッテリーを使います。

これ以外にも使い道がありますが、とりあえずバッテリーは「経験値を配布できるシステムを利用するのに使うモノ」と覚えておいてもらえればOKです。

なお、バッテリーの回収効率は戦友が訪問して回収するバッテリーにも影響を与えます。宿舎の開放は、戦友にとっても美味しいです。

誓約の証(580ダイヤ)

誓約の証

先に紹介した3つと比べると優先度が落ちますが、好感度100の人形に使える誓約の証。よくある「ケッコン」アイテムですね。

ドルフロでは好感度が150まで上昇可能となり、各ステータスの上昇、専用ボイス開放などの特典があります。嫁人形を見つけたら使いたいアイテムです。

ただし、ドルフロの好感度はなかなか地道にやらないと上がっていかないので、最初のうちは考える必要がないアイテムでもあります。

30日ボーナスなどでダイヤを貯める場合、この誓約の証に必要な580分だけは手元に残しておくことで、急に性癖ドストライクな人形が来ても課金なしで即対応できます。

それ以外のアイテムや拡張はやや微妙

ドルマークカリーナ▲守りた……いかは分からないこの笑顔

たとえば、艦これでは必ず最初に空けるべきと言われる修復スロット。ドルフロでは初期4つで、開放することで最大8つまで拡張することができます。

ただ、ドルフロは艦これのバケツにあたる快速修復契約が結構な頻度で手に入ります。4つも修復枠があれば十分な感じです。

建造も同様に、即建造できる快速製造契約がそこそこ入手できるので、スロット拡張の優先度は低めです。

資源を買う場合、一番足りないのは弾薬か配給になります。もちろん、これらを買いまくれば出撃も建造もし放題ではありますが……ご利用は計画的に!

まとめ:拡張系は便利、資源は財布と相談

まとめ

というワケで、初回チャージボーナスに関することと、優先したいダイヤの使い道についていろいろと書かせていただきました。

最近のゲームは「まったくの無課金には厳しいが、ちょっぴりだけ課金するとお得が満載」という方針のゲームが多いように感じています。

初回チャージボーナスや少額の月額課金をすることで、ゲームの利便性が一気に向上します。というか、それ前提なシステムのゲームも少なくないですね。

ドルフロもまさにそれという感じ。楽しめているなら、ちょこっと課金してより快適にプレイするのも選択肢ですよ。

以上だ! また会おう!!

スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

フォローする