【思うこと】アベノマスクで大騒ぎしている人達が、本当に望んでいるもの

どうも、引きこもるのは得意ですが、仕事のせいで外出せざるをえません。ふーらいです。

さて、政府が布マスクを1世帯に2枚配ることを決めました。本当はサージカルマスク(使い捨て)が欲しいんですが、それは医療機関優先だそうで。

1世帯に2枚だと洗って使い回すのも難しい気がしますが……

コレに対しTwitterを始め「アベノマスク」という言葉が流行。諸外国が現金給付を決める中、お肉券だお魚券だと騒いだ後に、最初に配布確定したのが布マスク2枚だけということで炎上しています。

私個人としては貰えるモンは全部貰おうと思っていますが、その上で。

スポンサーリンク

実は意外と支援策は多い

正直なところ、マスコミの「マスク2枚」攻撃に踊らされている感があります。実際にはすでに、事業主向けの支援策はかなり出ています。詳しくはこちらです。

首相官邸の公式サイトです。高齢者、持病を持つ人向けの厚生労働省からの詳しい解説に始まり、飲食店や観光、娯楽といった今回の影響をモロに受ける業種への支援もしっかり掲載されています。

雇用調整助成金に関しても特例が認められており、詳細が厚生労働省の公式サイトに載っています。

ネガティブな情報ばかりがすぐに蔓延し、肝心のポジティブな情報が巡ってこないのは、現在の情報化社会において困った問題です。

今回のコロナウイルスで本気で困っている事業主の人はぜひ、こういった政府からの一次情報を入手して、この難局を乗り越えて欲しいと思います。

――はい、意外かもしれませんが政府は対策に割と動いています。でも燃えます。燃やしている人が欲しい支援は、こういうのではないからです。じゃあどういうのかって話。

スポンサーリンク

雛鳥の口に現金を放り込んで欲しい

今すぐ私に現金をよこせ

つまりはコレ。飢えた雛鳥の如く開けている口に、現金をポンと入れて欲しいんですよ。なので、どれだけネット上で「国は支援してるよ」と言っても、意味はないと思われます。

いや、気持ちは分かります。私も欲しいですから。現金さえあれば仕事も自粛して家にいられますしね。仕事でも外に出たくない性分としては、国がお金をくれるなら喜んで引きこもります。

自粛しろと言う割には給付の話はなかなか決まらず「楽しいことは自粛しろ、でも仕事はやれ」って言われている現状、不満じゃないワケありませんからね。ストレスたまりますよ。

ただコレらの話、全部本当に一個人の話なんですよ。企業系は助けないと、この困っている個人が大量に、しかももっと困ることになってしまうのです。

大企業は優遇されます。でもその最大の要因は、もし何かあった時の影響が個人や中小と比べてあまりに大きいからです。

今の政府の動きを100%支持なんて当然できませんが、だからと言ってお肉だマスクだって攻撃するだけも、何だか違う気がします。

この支援が足りないとか、ここをもっと手厚くして欲しいとか、そういう水準の話をするべきで。「お金欲しい」をコロナ騒動に乗じて言ってるだけな人がいるような気がしてなりません。

スポンサーリンク

政府もちゃんと喧伝するべき

今回の件に限った話ではないのですが、少なからず日本において、国が助けてくれるさまざまな制度というのは自力で調べないと出てこない性質があります。
(海外については私はサッパリ分かりません)

よく詐欺師が「国から受け取れるお金があります」なんて手を使いますよね。

事業主をやったことのある人や、国からお金を受け取る申請をしたことがある人なんかは分かると思うんですけど、国は絶対そんなことを自発的に教えに来てはくれません。

どういう保障があるのか? 支援策があるとして、自分はその対象なのか? それらはすべて自力で調べなければならず、役所に何度も足を運んで初めて得られるというパターンがほとんど。

この辺から「知られたらみんなが使うから、ワザとおおっぴらに言わないんじゃないかな」と私は感じています。

でも今回は未知のウイルス騒ぎなワケで。支援や対策をもっと喧伝するべきです。NHKでも何でも使って、情報を上手に取れない人にも積極的に与えなきゃダメでしょ、とは思いますね。

 

以上だ! また会おう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
思うこと
ふーらいをフォローする
ふーらいの思うこと