【バトオペ2】ハイゴッグの性能詳細と使ってみた感想、評価まとめ

※2018年11月21日のアップデートに対応済みです。

どうも、ふーらいです!

ガッツリ遊んでます、バトオペ2!

始めてみました『機動戦士ガンダム バトルオペレーション2』! 面白いことから抑えておきたいポイントまで、いろいろまとめ!

先日までピックアップされていたプロトタイプガンダムがあんまり好みじゃなかったので、トークンを使わずに貯めていました。そして2018年10月4日に新機体登場。

アンディーッ!!

で、来たのがハイゴッグ。他にもジム寒冷地仕様が追加されました。

まぁ、回すよね! トークン27個で出るほど甘くないけどさ、せっかくやしね……!

まさかの

出るよね!

やったぜ

……!? 出たのかよ!?

自分でも驚いたよ! イフリートの時にはサッパリだったのに! トークン27個でアッサリ出てくれたので、早速使ってみましたよ! いろいろまとめていきます。

スポンサーリンク

ハイゴッグの性能詳細

ハイゴッグ詳細データ

ハイゴッグLv1の性能

  • COST:350
  • 地形出撃制限:地上
  • 環境適性:地上
  • カテゴリ:汎用
  • 機体HP:15000
  • 耐実弾補正:14
  • 耐ビーム補正:17
  • 耐格闘耐性:5
  • 射撃補正:25
  • 格闘補正:10
  • スピード:120
  • スラスター:60
  • パーツスロット
    近距離:8
    中距離:9
    遠距離:7
  • スキル
    脚部ショックアブソーバーLv2
    緊急回避制御Lv2
    高性能バランサーLv1
    マニューバーアーマーLv1

なんとなく強襲のイメージがあったのですが、汎用で実装されました。緊急回避、高性能バランサーといった汎用機に必要な足回りスキルを完備。

2018年11月21日のアップデートで緊急回避がLv2に強化され、地上の環境適正を獲得。1度の回避ではオーバーヒートせず、かつ回復も早くなり、より機敏に動けるようになりました。

さらに、汎用機では極めて珍しいマニューバーアーマーを持っています。強襲機と同様に、バズーカ一発分くらいなら強引に行けるのが大きいです。

機体HPが15000と非常に高く、実弾、ビーム耐性も悪くない値。攻撃補正は射撃の方が高くなっています。

実際に動かしてみた機動性はこんな感じです。

この動画で分かる通り、このMS最大の問題はとにかくサイズがデカい! 肩もデカい! これが丸々ヒットボックスになっているため、耐久性がどれだけ高くてもアッサリ溶かされます。

ハイゴッグ

陸戦型ジム▲圧倒的横幅。せめて肩が盾判定なら良かったのだが……

特に出撃したい350~400コスト制限では、相性の悪い支援のガンキャノンやジム・スナイパーカスタムなどの長距離ビーム兵器が、まったくといっていいほど回避できません。

マニューバーアーマーがある珍しい機体と言いましたが、実際はむしろマニューバーがないとそもそも行動できないレベルという。

射撃戦メインなのにヒットボックスがデカい……この手のMS、ガンダムオンラインだと間違いなく産廃確定です。

ただ、武装はかなり優秀です。次に紹介していきます。

ハイゴッグの武装

HG用ビーム・カノン

HG用ビーム・カノンの性能

  • 威力:400
  • 射程距離:300
  • ヒート率:25
  • 兵装種別:ビーム

威力はかなり低いですが、弾速が早い上にビーム兵器にあるまじき超連射が可能な主兵装。硬直が発生したMSに一気に垂れ流して、高ダメージを狙うのがメインな使い方になります。

スプレーガンやLA用のライフルと異なりASLが働かないため、射程ギリギリの遠距離で撃つのはかなり無理があります。

2018年11月21日のアップデートでビームがかなり太くなり、当てやすくなりました。下はアップデート前の動画ですが、明らかにビームの見た目が変わっています。

長い手から発射される都合、ビームの発射位置が通常の射撃武器と違っており、発射感覚が異なります。障害物に隠れつつ射線を確保して撃つには、若干慣れが必要な武装です。

ハイゴッグ用バイス・クロウ

ハイゴッグの長い手を使った、威力1600の格闘。格闘連撃制御を持たない上に格闘補正が低いため、あまり振りたくない格闘です。

ただし、下格闘だけは別。右手の突き、左手のはたき落としの二連撃になっており、格闘連撃制御によるものでもないため、2HITすればそのままダメージが2倍になります。

片手が当たるだけでも転倒を取ることができます。右手の判定が縦に長く横に狭いので、ジオン系下格闘の気持ちで殴るのがコツ。連撃中も通常同様、ダッシュでキャンセルができます。

上手くハマれば、一気に敵MSのHPを削り取ることができますね。

魚雷発射管×4

魚雷発射管×4の性能

  • 威力:500
  • 射程距離:150
  • 弾数:4
  • 兵装種別:実弾

名前は4連表記ですが、1回の射撃で撃つのは2連。

射程も短いですが、足を止めずによろけを取れる貴重な副兵装。ブースト中も使用できます。次弾装填、リロード共にかなり長いので、1度撃ったら別の武装に替えましょう。

ブースト中に魚雷でひるみ→下格闘を当てられれば、サイクロプス隊に入隊できます。多分。

腹部120mmマシンキャノン

腹部120mmマシンキャノンの性能

  • 威力:100
  • 射程距離:200
  • 弾数:30
  • 兵装種別:実弾

ジムで言うバルカンと同じ……と思いきや、威力と射程、連射速度にリロードとすべてが良好。マシンガンレベルに扱える副兵装です。ASLが機能するので当てやすいのも魅力。

2018年11月21日のアップデートで、よろけが取りやすくなりました。

ハンド・ミサイル・ユニット

ハンド・ミサイル・ユニットの性能

  • 威力:2500
  • 射程距離:400
  • 弾数:1
  • 兵装種別:その他

ガンオンでは「ちくわ」でお馴染みハンミサ。1発撃ち切りリロードな上にリロード時間が長いロマン副兵装。持ち替え速度がアップデートで改善され、撃ちやすくなりました。

会敵時にブチ込んで、リロードが完了するたびに撃つことで高いダメージが期待できます。威力と爆風の広さは優秀な上、兵装種別がその他扱い。耐性で軽減されないのもポイントです。

こちらも長い左手から発射されるため、発射時に左側に障害物があると射線が通らず自爆することがあります。ダメージはありませんが硬直はするため、注意が必要です。

実際に動かしてみた感想

カッコいいけど、ヘイトが高すぎです……

ヒットボックスの都合、支援機に寄ってたかって殴られます。強襲とは相性が良いハズですが、足の広さが仇。プロガン相手だとバズーカであっさり怯んで格闘を喰らうハメに……

このため、基本的には中距離を維持し弾幕を張り巡らしつつ、敵の接近はマニューバーアーマーで誤魔化し、それでも無理な時に下格闘でしっぺ返し……な感じの運用になりますね。

間違っても自分から接近したらダメです、ヒットボックスのせいでHP15000が一瞬で溶けます。どうしても下格闘を仕掛けたい場合は、周辺に他敵機がいないことが大前提です。

支援機がいた時点で確実に、しかも支援側からすれば簡単に妨害されます。バズーカも苦手なので、味方にハイゴッグがあまりに増えると前線の維持に支障が出ます。

勝利▲勝利の決めポーズもカッコいい

一方、距離さえ保てば強力な武装を常に撒き散らす優秀なMSです。ビーム・カノンとマシンキャノン、魚雷にハンミサをローテーションする射撃戦は、強襲や近接寄り汎用にとって驚異。

嫌がって接近してきた相手には、射撃による累積や魚雷でよろけを取り、高威力な下格闘を叩き込みます。相手に「戦い方を教えてやる!」MS戦を展開しましょう。

でも、ハイゴッグはどっちか言うと「アンディーッ!!」のイメージの方が強い。

まとめ:玄人向けな味わい深いMS

デカい▲カメラが近いのではない。私が大きいのだ

高いHPと耐久性、そして優秀な武装がズラりと揃い踏み。格闘も下格闘なら大ダメージ。しかしあまりにデカいヒットボックスが数値上の耐久性をまるで感じさせてくれない、お豆腐MS!

中距離から射撃を垂れ流し、避けられない攻撃はマニューバーと緊急回避で誤魔化しつつ、ここぞというシーンに必殺の下格闘を叩き込む――まさに玄人向けMSです。

以上だ! また会おう!!

スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

フォローする