【うつっぽい気分対策】朝散歩でメンタルを改善する方法が、私にはかなり合っているという話

どうも。精神の不調には人一倍敏感な、ふーらいです。

最近、朝散歩を実践しています。その元となったのはこの記事。

いま、YouTubeなどで有名人によるモーニングルーティンが話題ですが、精神科医としておすすめの最高のモーニングルーティンがあります。

それが、「朝散歩」です。

方法は簡単です。朝起きてから1時間以内に15~30分の散歩をするだけです。それだけで、セロトニンが活性化し、体内時計がリセットされ、「副交感神経」から「交感神経」への切り替えがうまくいき、自律神経が整えられます。
ストレスフリーを目指すのに、こんなに効果的な健康習慣はありません。

精神科医が「絶対にやるべき!」と断言する朝のベスト習慣
ストレスフリー超大全 | ダイヤモンド・オンライン

朝に散歩とか無理だわー! って思ってたんですが、まぁでもこういうのはやってみないとねってことで試したところ、私にはかなり効果があるようです。

スポンサーリンク

自分なりのやり方

ちゃんと睡眠を取ったりとか、そういう基礎的な部分はやった上で。

起床したら顔洗って、着替えて外を歩きます。ひとりなので、マスクは付けません。マイペースに、近所をぐるりと巡るコースを歩きます。だいたい15分くらいです。

コツとしては、疲れるほど歩かないこと。よく20分以上歩くと有酸素運動に~とか言いますが、むしろそこまで歩くと朝から疲れるので嫌になっちゃいます。疲れる前に帰るのが大事。

この散歩で必要なのは歩行によるリズム運動と、太陽光によるセロトニンの分泌です。雨の日でも前者の効果は得られますが、無理はしない方が良いです。毎日やらないとーと意気込む必要もなし。

紹介している記事では、歩くのが困難な人は日向ぼっこだけでも効果があるとのこと。朝、少しの時間を軽い運動や日光浴に使うことで、精神の調子をコントロールしやすくなるようです。

とにかく、ゆるーく実践。コレが重要です。

スポンサーリンク

その効果とは

うつっぽさが軽減されます。やらないといけないことがあるのに、やる気が出なくてズルズルと引き伸ばしたりしちゃうことが明らかに減りました。

また、この記事なんかもそうですが、文章を作ったりといった頭を使う活動がやりやすくなります。ブログや動画を作ったり、絵を描いたりといった創作活動的なモノが捗るのではないでしょうか。


精神、心の問題への対処法は人によって、その効果が大きく異なります。無理せず実践することで、もしかすると気分が上向きになるかもしれません。

無理のない範囲で、今日も精神を上手くコントロールしていきましょ。

 

以上だ! また会おう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
心理的なこと 精神疾患のこと
ふーらいをフォローする
ふーらいの思うこと