【ラグマス】ひとりでもMiniBoss狩ったり、占いがしたい……スマホとPC(NoxPlayer)を使って簡単2キャラ操作!

ごあいさつ

どうも、今日も殴りプリをNoxPlayerを使ってプレイしています、ふーらいです。

ラグマス、確かに楽しいのですが、ソロだとどうしても参加できないコンテンツがあります。ボス狩りはソロでは大変ですし、ただいまキャンペーン中の占いも相方がいないとダメ……

その悩み、貴方の手元にPCと、ラグマスがプレイできるスマホがあれば解決できるかもしれません。PCでのラグマスのプレイ方法はこちらにまとめてあります。

そしてスマホでもラグマスを起動すれば……キャラがふたりになりますよね。

スポンサーリンク

PCスペックがあれば、PCのみで複数アカウント操作も可能

▲マルチインスタンスマネージャーを利用すれば、Noxを複数起動できる

マルチインスタンスマネージャー(ショートカットを作成していないor削除している場合、Nox起動後ツールバーからマルチウィンドウを選択)を使えば、Noxを複数起動できます。

コレを使えば、ひとりでPCだけでも複数操作が可能になります。

ただし、Nox自体に加えてアプリも起動するため、かなりPCのメモリを食います。私のPCは8GBメモリがありますが多重起動はしんどいです。最低でも16GBはないと無理でしょう。

また、ラグマスの利用規約の禁止事項に以下の記述があります。

過度に複数のモバイルデバイスに本アプリケーションを導入し、またはその他の方法により過度に複数のユーザIDの付与を受ける行為

すでに「3アカ同時起動だろコレー!」な動きと名前をしているPTも狩場で複数見られるため、よほど増殖させない限りBAN対象にはならないとは思いますが、何事もほどほどに!

なお、Noxでの起動の場合ゲストアカウントは使用できません。必ずGoogleやTwitterなどのアカウントに連携させる必要があります。

サブアカウントの育成は自動戦闘で

さすがにサブアカウントまでシナリオを1からプレイするのは大変なので、上記の記事を参考にしつつ自動戦闘でレベルを上げていきましょう。

ただ、冒険手帳だけはある程度開放しておかないと実力が発揮できません。プロンテラ南から始まるメインクエストを、プロンテラの偽バフォメット討伐までは進めましょう。

その後はメインクエストはスルーし、ひたすら自動戦闘で育てていけばOKです。もしメインアカウントがLv85以上ならサブアカウントを生徒にすることで、さらに育成速度を上げられます。

サブアカウントのクラスの選び方

サブアカウントのクラス▲攻守共に優秀なナイト、支援特化なプリーストなどがオススメ

サブアカウントのクラスは、メインクラスに足りない部分を補わせると良いでしょう。

メインクラスが前衛型なら、さまざまなバフと回復が使えるプリースト。後衛型なら、火力と防御、高い移動速度を兼ね備えたナイトがオススメです。

なお、ペットに関してはほぼオークウォリアー1択です。Bossのターゲットを一定時間自身に向けさせ、プレイヤーを守ってくれる「殴りかかる」が強力。可能ならスキルLv10が欲しいです。

ある程度育ったら、PTに入れてフォローさせる

▲PTメンバーをフォローすると、自動で戦ってくれる

PCとスマホで同時に起動はできますが、同時に的確な操作をするとなると大変ですよね。

そこで、同じPTにいれてサブアカウントをフォローさせます。PTメンバーを対象に選ぶと、上記のような画面が出るのでフォローを選択してみてください。

フォローすると、フォローした対象に自動で追従。さらにフォローした対象が戦闘を開始すると、自動スキルを使いながら同じ対象に攻撃を行うようになります。

さらにカプラでの転送も、フォローしている仲間を同時に転送できます。つまり一度フォローさえしてしまえば、あとは何もしなくてもPTメンバーとして追従し、最低限の仕事もしてくれます。

Bossやエンドレスタワーに挑む

さすらい狼▲私のLv85だと、さすらい狼くらいまではペアで倒せる

サブアカウントにフォローさせたら、あとはさまざまなコンテンツに挑むだけです。

1週間に1度だけチャレンジできるエンドレスタワーや、弱めのMVP、MiniBossを狩りにいきます。MVPは大型PTかつ手動でないと大変な相手がほとんどですが、Miniならかなり頑張れます。

もちろん、星占いもできます。

ピュアな蟹ってなんだ▲星占いもひとりで出来る。寂しい? 余計な感情は捨てろ!

友人と一緒に遊ぶのがMMOの醍醐味ではありますが、いつも時間が合うとは限りません。そもそもそんな友人はいないが、MMOは好きなんだって人もいるでしょう。

このようにNoxPlayerとスマホを併用することで、ある程度ならひとりでもより多くのコンテンツを遊ぶことができます。興味があればぜひ一度、疑似ペアプレイもやってみてくださいね。

以上だ! また会おう!!

(この記事は、NoxPlayerさんの提供でお送りしました!)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NoxPlayerラグナロク マスターズ
ふーらいをフォローする
ふーらいの思うこと