【バトオペ2】ドラッツェの性能詳細と使ってみた感想、評価まとめ

ごあいさつ

どうも、ふーらいです!

それGP01相手のセリフじゃなかったっけ▲このセリフってシーマ様がGP-01に言ったセリフじゃなかったっけ

2018年10月25日、脚のないバッタドラッツェが実装されました。わざわざ記事にした時点で予想済みとは思いますが――

出ちゃった▲ハイゴッグやゲルググ・キャノンなど、最近引きが強い

出ましたので、早速使用感などまとめていきます。

スポンサーリンク

ドラッツェLv1、2、3の性能まとめ

ドラッツェLv2の詳細画面▲画像は私が引いたLv2のもの

ドラッツェLv1(Lv2)[Lv3]の性能詳細()はLv2、[]はLv3の性能になります。

  • COST:200(250)[300]
  • 地形出撃制限:宇宙
  • 環境適性:宇宙
  • カテゴリ:強襲
  • 機体HP:7000(8500)[10000]
  • 耐実弾補正:9(12)[15]
  • 耐ビーム補正:6(8)[10]
  • 耐格闘耐性:3(4)[5]
  • 射撃補正:2(4)[6]
  • 格闘補正:18(21)[24]
  • スピード:130
  • スラスター:80
  • パーツスロット
    近距離:5(8)[10]
    中距離:2(2)[3]
    遠距離:5(6)[7]
  • スキル
    マニューバーアーマーLv1
    強制噴射装置Lv1
    高性能AMBACLv1
    緊急回避制御Lv1
    高性能レーダーLv1

低コストとは思えない圧倒的なスピードとスラスター。スピード130はガンダムやグフ・カスタム、イフリートなどと同等。スラスターに至ってはコスト500のサイコ・ザクと同じ!

さらに宇宙適正、高性能AMBACにより驚異の機動性を誇ります。その他スキルもマニューバーアーマーや緊急回避といった基礎的なモノから、強制噴射装置まで完備しています。

パーツスロットも現状使い勝手の悪い中距離が少なく、近遠距離に多めのスロットなのも◯。

反面、HPは最低値だったザクⅡS型を更に下回った紙装甲。シールドを持ってはいるものの、左腕の裏面に装備されている上にサイズが微妙。ほぼ機能しません。

また、宇宙は地上以上に汎用機の割合が高くなりがちのため、相性が良くない相手が多くダメージがスペックどおりに通りにくいのも難点。

最高の速度を実現するために、装甲を限界まで犠牲にした――そんなMSに仕上がっています。

次に、武装を見ていきます。

ドラッツェの武装解説

腕部40mmバルカン砲

腕部40mmバルカン砲の性能

  • 威力:130
  • 射程距離:200
  • 弾数:40
  • 兵装種別:実弾

バルカンとは名ばかり、実質マシンガンのような主兵装。本機の射撃補正も相まって威力は低いものの、連射が早いのでDPS自体はそこまで悪くない値です。

固定式ビーム・サーベル

威力1900の格闘兵装。通常の格闘や横格闘はともかく、重要になるのは異常に伸びる下格闘。突きなので範囲こそ狭いものの、軸さえ合わせればかなり強引に振っていくことができます。

格闘補正も高いため、いかにこの格闘を上手く当てていくかが本機のキモになります。

シュツルム・ファウスト

シュツルム・ファウストの性能

  • 威力:1700(1785)[1870]
  • 射程距離:200
  • 弾数:1
  • 兵装種別:実弾

高威力の爆発系副兵装。持ち替えが遅い上に1発リロードですが、貴重な怯み武器です。

実際に動かしてみた感想

低コストにあるまじき機動性に惚れる……!

少ない武装を最高の足回りで活かし、刺す時に刺し、しっかりと射線を切っていくことができます。宇宙慣れしていない私にはまだ扱いきれていない感があってなお、楽しい機体です。

コスト250になると宇宙用ジム・コマンドが天敵です。絡まれるとそのHPのなさから一瞬で持って行かれるため、MAPと敵の位置を把握し、機動力で優位な位置を常に保ちましょう。

まとめ:新MAPとの相性バツグン

ドラッツェの横顔▲「足なんてただの飾りです」を地で行くMS

先日追加された新MAP「資源衛星」はドラッツェにとって最適なMAPと言えます。足回りを活かしたヒットアンドアウェイで、他MSを圧倒することができます。

暗礁宙域では身を隠す場所が少なくなりますが、MAP中央や拠点付近のデブリを利用することはできます。

とにかく最高な足回りで、使っていて爽快感のあるMSです。最近実装されているMSが玄人向け過ぎたこともあり、単純明快な早い、脆いなドラッツェが余計に良く見えてしまいますね。

以上だ! また会おう!!

スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

フォローする