スペシャルチケットや虹色メダルで選ぶべきオススメの花騎士まとめ 最強キャラは誰?

ごあいさつ

※2018年10月のアップデートに対応済みです。なお、この記事は★6(虹)のオススメ記事です。★5(金)のオススメはこちらにまとめています。

戦力的にオススメな星5(金)花騎士をまとめました! ピックアップで狙ったり、星5交換チケットを使ってみては?

どうも、ふーらいです!

スペシャルチケットを5000円でGETしたり、虹色メダルが集まったら悩むのが、どの★6キャラクターと交換するか。まさに贅沢な悩み。

もちろん自分の好みの娘を選ぶのが正義、ジャスティスですが、どうせ選ぶならより強い、新しい難易度に挑戦できる戦力としても見据えたいところですよね。

そこで、ここではシステム的に強いキャラクターを紹介します。可愛いとかカッコいいとか、股間に来るなどの性能はここでは語りません。というか、そこを語るならアネモネ以外語らないぞ?

また、団長をはじめたばかりで★6キャラが少ない、もしくは初めて選ぶ人か、そこそこ戦力が揃ってきた人かによっても答えが変わってきますので、それぞれ分けて書いていきます。

なお、この記事ではテーマPT(同じアビリティのキャラクターをまとめて編成して、能力を活かすこと)については触れず「このキャラクターを入れれば、とりあえず戦力大幅上昇」という花騎士のみをピックアップしていきます。

そもそもフラワーナイトってどうなん? って人はこちらからまずどうぞ!

気付けば1000日団長です。今日は思う存分、フラワーナイトガールの魅力について語ります。増えろ、団長! 沈め、この沼に!
スポンサーリンク

最初に:ステータスで最強を選ぶ時代は終わった

もちろん、ステータスも高いに越したことはないです。しかし現状でとにかく重要なのはアビリティです。有用なアビリティの前では、ステータスの差は誤差レベルと思っていただいて構いません。

最強だとかオススメだとかで、ステータスの高さをひたすら推しているサイトもありますが、あの情報はさすがにもう古いです。

星6キャラが少ないor初めて選ぶ人にオススメベスト4

デンドロビウム

総評◎:初めての★6で入手する場合、もっとも戦力上昇に貢献できる
○:ステータスが無視できないレベルで高水準
✕:一部高難易度任務にアビリティが向いていない

1ターン目のスキル発動2倍、かつ再行動100%を持つ1ターンの女王です。

2018年7月2日のパッチで、自身の火力を上げるアビリティが大幅に強化されました。

花騎士の戦闘は、一部例外を除いて必ず自軍ターンから始まります。1ターン目に敵を殲滅できれば反撃は来ないので、攻撃こそ最大の防御です。

イベント最上級などをゲーム開始から最速で周回しようとするなら、彼女1択です。

最初にステータスは重要ではないと言いましたが、さすがにデンドロビウムのステータスは際立って高く、無視はできません。アンプルゥ込みの最大HPは25000を超えます。

スキル発動率2倍も重要で、スキルレベルや他メンバーの育成が進んでいない状況でもスキル攻撃を引く確率が高く、安定した打点を出します。

逆に戦力が揃えば、1ターン目のスキル発動率を100%にすることも無理のない範囲で可能。そうなると、1ターン目スキル2連射が確定。これこそデンドロビウムの強みですね。

ただし、2017年中に実装された高難易度任務では、1ターン目には火力が出せないor出しても仕方ないシーンが多く、能力が今ひとつ発揮できていません。

すでに戦力が揃っている場合、あえて選ぶシステム的理由は薄いかもしれません。

モミジ

モミジ

総評◎:高い自身のスペックをさらに高めて、敵を蹂躙できる
◎:自身の攻撃力+95%、PT全員+50%という破格の火力を持つ
△:単騎での殲滅力だけで言えば、1ターン系アビリティ持ちに劣る

自身の攻撃力をひたすら高め、その圧倒的な火力で敵を蹂躙する火力特化型です。

自身への攻撃力上昇はPT分も含めると+60%、スキルダメージ+25%という破格の性能を誇ります。

2018年4月16日と23日のアップデートにより、さらに強化されました。

自身のスキルダメージ+45%、自身の攻撃力は+45%、PT全体への効果+50%も加算すると、なんと+95%!!

フラワーナイトにおいて★6の攻撃力アップアビリティは、30%以上あればかなり強い部類に入ります。40%以上ともなると発動条件が必須ですが、モミジは何の条件も必要なし!

自身の+45%だけでも大きいのに、PTメンバー全員の攻撃力を、無条件で+50%できるというのは、火力重視の花騎士の中でも群を抜いて強いです。

先に紹介したデンドロビウムと違い、アビリティが1ターンに特化していない分、最近の高難易度任務でも無駄が出ず、末永く火力のエースとして活躍できます。

スキルレベルを上げれば、他メンバーのスキル発動率も最高で1.36倍まで上げることが可能。火力に火力を重ねたアビリティ構成となっています。

代わりに、1ターン系スキル持ちと比べると「ひとり加入しただけで戦力大幅向上」感はやや少ないです。高難易度攻略も見据えたキャラクターと言えます。

とはいえ、度重なるアップデートで強化が行われた結果、現状で攻撃力特化の編成を行うなら、上級者団長でも起用確定なレベルに成長しました。

すでに戦力が揃っている団長にもオススメできるほどの、高いスペックを誇ります。

シロタエギク(クリスマス)

シロタエギク

総評◎:1ターン目の攻撃力がスキルの発動に関係なく2.4倍確定
○:自身だけでなく、PTメンバーのスキル発動率を高める
✕:デンドロビウム同様、最近の高難易度任務には不向き

1ターン目の攻撃がクリティカル確定、さらにダメージ+60%を持ち、1ターン目で出すダメージがもっとも高くなるアビリティを持っているのがシロタエギク(クリスマス)。

クリティカルはダメージが1.5倍。そこからさらに1.6倍で、合計2.4倍。再行動よりもダメージの期待値が高いです。

クリティカルダメージを高めるアビリティを持つ他キャラクターと組み合わせることで、さらにダメージを高めることも可能。

さすがにスキル発動率は2倍ではありませんが、1ターン目スキル発動率1.65倍は他メンバーにも適用され、編成した部隊全体の1ターン目の火力底上げに大きく貢献します。

スキル本来の発動率は高めなので、メンバーの組み合わせ次第でスキル100%も可能になりますが、デンドロビウムや次に紹介するセンリョウよりは、編成の難易度が高くなります。

センリョウ(クリスマス)

センリョウクリスマスver

総評?:スキルを変えて基本ステータスを落としたデンドロビウム

1ターン目スキル発動率2倍、再行動率100%という、ほぼデンドロビウムなアビリティ配分になっているのがセンリョウ(クリスマス)。長所も短所もまんま、デンドロビウムです。

大きく違う点は、スキルが分割ダメージになっていること。敵が2体以下であれば、ダメージ期待値はデンドロビウムより高くなります。

スキル発動率を100%にできれば、1.8倍を3回、それを2回撃つことになり、単体に対するダメージの期待値は10.8倍という前代未聞の値となります。

このスキルのおかげでボス戦にもある程度適正があり、高難易度にも組み込みやすいですが、アビリティ的にはやっぱり不向き。デンドロビウムのキャラ替えだと考えてOKです。

持っていると強いアビリティとその理由

プレイ序盤から中盤の難易度では、早いうちに敵の数を減らすことが攻略のカギです。

基本的に攻撃はプレイヤー側から始まるため、最低でも1ターン目は自部隊の攻撃が通ります。可能な限り最初の攻撃で敵の数を減らすことが、最大の防御にもなるのです。

極端な話、1ターン目に敵を全滅させれば敵の反撃はなく、防御面を考える必要はなくなります。このことから、以下のアビリティを持っている花騎士がオススメです。

オススメのアビリティ

  • 1ターン目限定系
    基本的に自分の攻撃から始まるため、初手に強く出るのが有利
  • 攻撃力アップ
    火力を高めて敵を殲滅し、敵の攻撃手数を減らす
  • 与ダメージアップ、スキルダメージアップ
    攻撃力アップと同様の理由
    ダメージアップは計算の最後にかかるので、数値以上に効果がある

戦力が揃ってきた人にオススメの花騎士ベスト5

サフラン

サフラン

総評◎:回避、反撃、防御アップをすべてひとりで担当。高難易度に最適
◎:防御値と反撃アビリティの倍率が異常に高く、反撃が強力
△:格下の敵を相手にするのは不向き

現在の高難易度にもっとも適しているキャラクターと言われれば、サフランでしょう。

80%回避、防御力の425%で反撃、さらに防御を30%アップした上でガッツ持ち。★6限定の育成アビリティ「挑発」を付けているのに、最後まで生き残ることも珍しくありません。

高難易度任務では、いかに敵のターンを凌ぐかが重要ですが、その点において挑発を装備したサフランの右に出る花騎士はいません。

十分すぎるほど強かったのですが、なぜか2018年7月9日のアップデートでさらに強化。攻撃力アップの倍率が上がり、魔属性の弱点付与まで持ってきてしまいました。強すぎない?

2017年後半からは、この回避挑発対策に命中率アップを持つ敵も出てきましたが、回避率が0にならない限りは一定確率で敵の攻撃を無力化できるので無駄になりません。

さらに回避に成功しても反撃は発動します。敵の攻撃を可能な限り無力化し、それでいて打点も稼ぐことができます。敵が敵のターンに全滅するという、不思議な光景が広がります。

唯一の欠点は、難易度が高くない任務では回避や反撃が活かされず、攻撃力の高い★6にしかならない点。プレイしだした頃には恩恵が少ないです。

アプリコット、ハブランサス

アプリコット

ハブランサス

総評◎:ダメージを1回無効にするアビリティが高難易度に最適
○:スキル発動率などの他メンバー向けアビリティも最適
△:攻撃力の低い全体攻撃に無効が吸われてしまうことがある

アビリティもステータスも似ているため、ふたり紹介。アプリコットとハブランサスです。2018年7月17日のアップデートで、両者まったく同じだったアビリティ内容が変更。

アプリコットにボスへの与ダメージアップが追加され、ハブランサスは攻撃力バフの数値が上昇、さらに打属性付与を得ました。

どちらも優秀なのですが、どっちかと言われれば僅差でハブランサスに軍配が上がります。実は打属性付与、斬や突属性と比べて所持している花騎士が少なく、かなり貴重なのです。

とはいえ、ボス与ダメージアップも優秀。さらにスキルの期待値は発動率の良さからアプリコットが上です。

打属性付与が今後増えた場合や、手持ちに打属性が多い団長はアプリコットの方が戦力になります。この辺は性癖と、所属している花騎士との相談と言ったところです。

さて、アップデート分の追記はここまで。ここからは攻撃無効アビリティについてです。

攻撃無効アビリティは、ダメージを問わず1回だけダメージを無効にします。

このアビリティが一番刺さるのが水影の騎士序章。敵の火力がオーバーキル、ただし単体対象という内容なので、このアビリティ持ちがいるか否かで難易度が全然変わってきます。

他にも、敵が先制してくるスワン艇でのボス戦やニコ生チャレンジダンジョン、ナイドホグルコア戦のような未知のボスにも効果を発揮します。

また、回避やミスが優先されるので、回避に失敗した時だけ無効が発動します。結果、回避アビリティ持ちが異常に長持ちするようになります。先に紹介したサフランとの相性は抜群。

さらに、無効にした場合でも反撃は発動します。捨てるアビリティがないのが強みです。

極端な話、どんな部隊だろうがこのふたりが腐ることはありません。入手したらとりあえず編成、くらいの認識でいいレベルです。

同じアビリティはクコとトリトニアも持っていますが、こちらはターン経過で攻撃力が強化されるタイプ。さらにクコはクリティカル系を持つ、やや変則的なアビリティとなっています。

とりあえず加入させときゃOKなこのふたりと比べると、汎用性では落ちます。もちろん、そういうこだわった編成ができるメンバーが揃っている場合はクコやトリトニアも強力です。

オジギソウ

オジギソウ

総評◎:3種類の弱点付与をひとりで行う、全花騎士で数少ない存在
◎:オジギソウ本人は、敵に弱点がある限り常に攻撃力1.5倍
✕:弱点なしの敵には効果がない

打属性以外の3弱点を同時に付与できる数少ない存在、オジギソウです。

2018年5月1日のアップデートで、斬属性を除く3属性を付与できるヒツジグサが実装されたため、唯一無二の3属性付与ではなくなりましたが、それでも強い花騎士です。

2018年7月23日のアップデートで攻撃力系のアビリティが強化。以前は攻撃力でヒツジグサに大きく差を付けられましたが、問題ではなくなりました。

高難易度任務に多くなってきている「弱点属性以外ダメージ軽減」に対する最適解です。オジギソウがひとりいるだけで、その部隊の最低ひとりは必ず敵の弱点を突くことができます。

また、オジギソウ本人は打属性なので、常に4属性すべての弱点を突けます。結果、相手が弱点を持つ限り、オジギソウの攻撃力は常に1.5倍です。

★6限定の育成アビリティ「弱点ダメージUP」をセットすれば、さらに攻撃力+20%。PTメンバーへの弱点付与も含め、高難易度任務の攻略に最適です。

ナイドホグル決戦の最後のコア戦や、クジラ艇の無属性任務に限っては弱点がなく、オジギソウの能力が活かせません。もっとも、弱点なしの敵は現在の高難易度でも極めて少ないです。

ヒツジグサ

ヒツジグサ

総評◎:オジギソウの斬属性版。斬以外の3属性を付与できる

?:オジギソウと比べクリティカルに特化

2018年5月1日に実装された、オジギソウに続いて2人目の3属性付与を持つヒツジグサ。スキルが全体で攻撃力がイマイチでしたが、6月11日のパッチで大幅上昇。強くなりました。

特にオジギソウと違う点は攻撃力アップの効果。オジギソウが全員+15%、敵の数に合わせてアップに対し、ヒツジグサはメンバーの属性数によって変動する効果を持っています。

属性が1種類につき15%、最大で3種類分の45%まで上昇しますが、通常の編成でも属性1種類統一はまずありませんし、2種類でも敵の状態に関わらず30%上がる優秀な内容です。

クリティカル系は発生率20%、ダメージ25%。3属性付与と高い攻撃力アップを持っている割には高い値。特化編成にはもちろん、彼女ひとりでもラッキーパンチが期待できます。

ヒツジグサを中心にしたパーティ編成の考察も別記事にあります。

3属性付与とクリティカル系をひとりで持つ新花騎士、ヒツジグサ。彼女の能力を最大限に発揮するクリティカル編成を考えました。

それ以外は良くも悪くもオジギソウ。長所も短所もオジギソウと同様になります。

持っていると強いアビリティとその理由

プレイ終盤の高難易度任務では、どんなに火力を積んでも1ターンで殲滅できない相手が増えてきます。敵側の先制攻撃もあるため、攻撃力だけでは突破が難しくなります。

また、最新の高難易度任務では「弱点属性以外ダメージ軽減」アビリティを持った敵が多く出現します。この軽減率がかなり大きく、弱点を的確に攻撃しないと泥沼化することも。

こうなると重要なのは、敵のターンをどうやって切り抜け、弱点を突けるかです。敵の攻撃に耐えた上で、敵を倒す――そういった花騎士たちが活躍します。

このことから、以下のアビリティを持っている花騎士がオススメです。

オススメのアビリティ

  • 回避
    育成アビリティ「挑発」と組み合わせて敵の攻撃を無力化
  • ダメージ1回無効
    敵の攻撃を無効にし、2ターン目の攻撃を確実にできる
  • 弱点属性付与
    ごく一部の敵を除いてダメージ1.5倍
    弱点以外軽減する強敵に非常に有効
  • 確率で3回まで戦闘不能にならずHP1で耐える
    よく言う「ガッツ」
    低確率だが、発動すると超難易度の突破口に

戦力を揃えて高難易度に挑もう

紹介でした

以上、私からのオススメ花騎士でした!

編成に関してはいろんな記事も書いているので、目的に合わせてどうぞ!

炎熱と宵闇の化身、後半戦が開始。宣言どおり、イベントとは思えない高難易度のMAP。突破しつつ攻略情報も書いたよ!
クジラ艇の編成が面倒な人も楽しい人も、この編成方法で高難易度を突破して周回しまくって、素敵な首飾りを貰おう!
水影の騎士序章にEX破級が追加。最近のコダイバナなどの高難易度クエが可愛いレベルの超難易度クエストになっています。

以上だ! また会おう!!

スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

フォローする