【コロナワクチン】3回目を終えたけど、4回目はないなと思っている人の話

どうも、コロナワクチン3回目の副反応でかなり苦しみました、ふーらいです。

ワクチンの話をインターネットですると、どうにも極端な意見(最大限の配慮した言い回し)ばかり目に付くので、ちょっとマイルドな話をしたいなと思って記事を書いています。

ご存知の通りと思いますが、コロナワクチンは大変デリケートな話題です。私は医者などの専門家でもないので、本当にひとつの意見だと認識できる人だけ、この先を読んでくださいね。

スポンサーリンク

前提:私自身のこと

コレはこのブログで散々言っていますが、私は生まれつき身体が超弱く、医療がなかったらとっくに死んでいた身です。なので医療行為というか、特に西洋医学を信頼しています。

やや尖った言い方をすると、医療ミスで死んでもしゃーないとすら思っています。ミスして欲しくはないし、賠償が受け取れるレベルのことなら貰うもん貰いたいですが、身体のことは仕方がない。

病院に行く時はそのままじゃ苦しくて辛いから行っているワケで、その先で何かトラブルがあって痛い目を見ても、それはもう私には避けられない内容だからです。

子どもの頃から今に至るまでも、やたら自然派みたいな人がいますが……そんなことをしたら本当に生きられない人だっているのになって常に感じています。

病院に行くから病気になるんだとか、過保護にしてるから弱いんだとか、それはもういろいろ言われまくって育ちました。

そう思って今もなんとか生きてます。

ワクチン自体は肯定派

なので当然と言うか、コロナワクチンも打ちました。そもそも、コロナ禍になる前はインフルエンザのワクチンを毎年接種済み。そうでもしないと、かかった時が本当に辛いもんで……

手洗いうがい、マスクの着用まではコロナ禍以前から常に行っている対策です。私に増えたのはアルコール除菌くらいですかね。でも、それらを万全にしたって貰う時は貰います。

少しでも感染率を下げ、かかってしまっても重篤・長期化を防ぐことで、私はもちろん家族や仕事、自治会関係者に迷惑をかけないことを目的としてワクチンを接種しています。

特にちょいちょい会う親が肺気腫を患っているため、リスクが極めて高い状態にあります。

いい歳ですしいずれ亡くなるでしょうが、その原因が私からの感染だと嫌じゃないですか。そういう逃げの気持ちもありますね。

スポンサーリンク

副反応とのトレードオフ

ただ、私はどうにもコロナワクチンとの相性が悪いようです。3回ともすべてファイザーですが、ファイザーでは発現率の低いリンパの腫れを2回目、3回目に起こしています。

特に3回目はかなり厳しく、解熱鎮痛剤なしでは日常生活が送れないレベルの痛みでした。さらに軽微ではあるものの、ファイザーでは稀なモデルナアームっぽい症状も出ています。

4回目は現在政府でも検討されている段階ですが、さすがにここまでキツいと短いスパンでは打てないなと思いました。

インフルエンザワクチンは1年毎。副反応はせいぜい3日。しかも日常生活で困るような強い反応は出ません。コロナワクチンはこのキツい副反応を半年程度で繰り返すのはさすがに……

私自身も辛いですし、家族や関係者に迷惑をかけないって理由で接種したのに、ここまで副反応が強いと周囲に心配と迷惑をかけるんですよ。これだと意味がないなって。

なので、4回目が仮にあったとしても私は様子見しようと思っています。

副反応も接種判断も人それぞれ

副反応は2回目より3回目の方がやや重い人が多いようです。一方で、何回打っても副反応が出ない人や、2回目は出たのに3回目は出なかったというパターンの人もいますね。

私は今回、悪い意味で大当たりを引いてしまった感があります。

医療行為って、基本問題ないけどたまに大当たりが混じってるんですよ。手術とかで読む書類には0.1%とかで重篤な状態になることがー、的なことが書いてあります。

0.1%……単発ガチャで引く確率としては低いですが、1000人に1人は当たっちゃうんですよね。だからまぁ、しんどいし嫌だけども当たる時はこんなもんよねって気持ちもあります。

そんな感じ! あとは個人でそれぞれ判断しろー!!

 

以上だ! また会おう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
思うこと
ふーらいをフォローする
ふーらいの思うこと