【ドコモ口座問題】対応金融機関のキャッシュカードを持つ人は、通帳記帳など確認を

どうも、ふーらいです。

大事なお金の話なので、ササッと先に結論からいきます。

スポンサーリンク

何をすべきか

対応金融機関のキャッシュカードを持っている人は、通帳記帳やオンラインなどで、とにかく確認を。対象となる金融機関は以下のとおりです。

・みずほ銀行
・三井住友銀行
・ゆうちょ銀行
・イオン銀行
・伊予銀行
・池田泉州銀行
・大垣共立銀行
・紀陽銀行
・京都銀行
・滋賀銀行
・静岡銀行
・七十七銀行
・十六銀行
・スルガ銀行
・仙台銀行
・ソニー銀行
・但馬銀行
・第三銀行
・千葉銀行
・千葉興業銀行
・中国銀行
・東邦銀行
・鳥取銀行
・南都銀行
・西日本シティ銀行
・八十二銀行
・肥後銀行
・百十四銀行
・広島銀行
・福岡銀行
・北洋銀行
・みちのく銀行
・琉球銀行

身に覚えのない「ドコモコウザ」からの出金があった場合は、すぐ銀行に連絡をお願いします。

キャッシュカードを作っていない場合は4ケタの暗証番号が存在せず、ドコモ口座との連携ができないため問題はないと思われます。

また、2段階認証を取り入れてあるケースでの被害は現在報告されていません。

とは言え不安なら、とにかく記帳だけでもしておくと良いでしょう。

なお、完璧な対処方法は記事執筆現在、2段階認証を取り入れるしかなく、非対応の場合は上記口座を解約するくらいしかありません。

ドコモ口座がサービス休止(チャージ機能を停止)しない限りは、被害者になる可能性があります。

で、何が起こってるの?

悪いヤツがドコモ口座を開設する

何らかの方法で第三者の口座番号、暗証番号、生年月日の情報を盗む
(ただし、暗証番号に関しては分からなくとも突破している可能性アリ)

悪いヤツのドコモ口座に、第三者の銀行を口座登録、連携する

普通、こういうやり取りには個人証明などが欠かせないが
なぜかドコモ口座は個人証明不要
口座と暗証番号、生年月日の入力のみで連携可能

悪いヤツのドコモ口座へ、第三者の口座からお金をチャージする

現在の流れはこんな感じ。ドコモ口座自体はオンラインでお金が使えるという、よくあるサービスのひとつなのですが、今回は個人証明のザルさを狙われた形のようです。

勘違いされやすいのは、以前にあった7payなどとは異なり、今回はドコモ口座を使っていない人が被害に合う可能性があることです。

まだ事件や被害の全貌も分かっていない段階ではありますが、とりあえずは定期的な記帳及び確認と、怪しい出金があれば即座に銀行へ連絡……が個人の出来る最大限の対応となります。

私も該当口座を持っているため、確認に行ってきます。

 

以上だ! また会おう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お役立ち お金のこと
ふーらいをフォローする
ふーらいの思うこと