【ラグマス】アルケミストのスキル一覧、性能、オススメまとめ。薬系スキルとホムンクルスを駆使!

ごあいさつ

どうも、自動戦闘を駆使して今日もレベル上げしまくってます、ふーらいです。

この記事では、アルケミストのスキル仕様を分かる限り、Lv別での性能をまとめていきます。

スポンサーリンク

アシッドテラー

・敵単体に{Atk(230+スキルLv×70)%+Matk(250+スキルLv×50)%}の物理ダメージ
・さらに(5+スキルLv)の確率で出血を付与、さらに(スキルLv)%の確率で鎧を破壊
・対象のFlee、キリエエレイソン、オートガードの効果を無視する
・発動時、アシッドボトルを1個消費する
・スキル最大Lv:10
・スキル使用距離:6.0m
・詠唱時間:1.5秒
・スキルディレイ:2.0秒
・SP消費:10+スキルLv×2

アシッドボトルを敵単体に投げつけ、高いダメージと出血、鎧破損効果を与えるスキル。

効果は非常に強力なのですが、問題になるのは消費するアシッドボトル。1個2100Zenyとメマーナイトも真っ青な出費になるため、ご利用は計画的に。

次に紹介するデモンストレーションを習得するには、このスキルのLv5が必要になります。

デモンストレーション

・指定範囲2mの敵全体に毎秒Atk(150+スキルLv×30)%の火属性物理ダメージ
・ダメージ効果は30秒持続
・5%の確率で、対象の武器を破壊する
・発動時、ファイアーボトルを1個消費する
・スキル最大Lv:5
・スキル使用距離:6.0m
・詠唱時間:2.0秒
・スキルディレイ:1.0秒
・SP消費:3+スキルLv×3
・取得条件:アシッドテラーLv5

ファイアーボトルを投げ込み指定範囲2mを炎上させ、入った対象にダメージを与えると共に武器を破壊するスキル。

ファイアーボトルは1本1500Zeny。範囲攻撃なのでアシッドテラーよりはコスパが良いです。

上位2次職、クリエイターの「エクシードデモンストレーション」を取得する場合、このスキルのLv3が必要になります。

スポンサーリンク

斧修練

・斧、鈍器装備時のAtk+(スキルLv×6)
・スキル最大Lv:10

斧と鈍器装備時の物理攻撃力を高めるパッシブスキル。結果的にAtkが関わるスキルの攻撃力も伸びるため、アルケミスト本人の戦闘力で押していくタイプの場合は取得しておきたいです。

遺伝子改造

・自身のDexとLuk+スキルLv
・スキル最大Lv:5

スキルLvと同じだけ、DexとLukを高めるパッシブスキル。

攻撃力にほぼつながらないため、製薬キャラ専用スキルです。製薬を可能にするスキル、ファーマシーを取得しないなら必要ないでしょう。

スポンサーリンク

ラーニングポーション

・回復系ポーションの効果+(10+スキルLv×2)%
・クリエイターのスキル「投擲用HP(SP)増加ポーション」にも適用される
・ファーマシーの成功率+(スキルLv×2)%
・スキル最大Lv:10

ポーションを使用した際の効果を高め、次に紹介するファーマシーの成功率も強化するスキル。

どちらかと言うと投擲スキルの強化がメインなので、本領はクリエイターになってから。とはいえ、ポーションの効果が上がるので手動での戦闘時にも便利です。

ファーマシー

・各種ポーション、錬金材料の製作が可能になる
・製作成功率+(スキルLv×2)%
・製作成功率には自身のDex、Lukの値も影響。最大で+30%まで
・スキル最大Lv:10

アルケミスト独自の製薬が可能になるスキル。各種スリムポーションと、ファイアーボトルをはじめとするアルケミスト系のスキルで使う消耗品が作成できます。

ただ、ROと違いスリムポーションは取引不可。スキルで使う消耗品は素材の方が購入より高く付く状態。最低でもクリエイターで投擲するようにならないと微妙過ぎるように感じました。

上位2次職、クリエイターの「投擲用HP増加ポーション」を取得する場合、このスキルのLv5が必要になります。

スポンサーリンク

スフィアーマイン

・敵単体に{Atk×(100+スキルLv×60%)+(スキルLv×200)}の物理ダメージ
・スキル最大Lv:5
・スキルディレイ:1.5秒
・SP消費:7+スキルLv

ROと異なり、自爆による範囲スキルではなく単純な単体へのダメージスキル。代わりにマインボトルを消費せず使える、エコなスキルになりました。

次に紹介するスフィアーパラサイトを習得するには、このスキルのLv5が必要になります。

スフィアーパラサイト

・敵単体にスフィアーマインの(120+スキルLv×20)%の物理ダメージ
・発動時、マインボトルを1個消費する
・スキル最大Lv:5
・スキル使用距離:6.0m
・スキルディレイ:1.5秒
・SP消費:8+スキルLv×2
・取得条件:スフィアーマインLv5

マインボトルを消費する代わりに、スフィアーマインをさらに強化したダメージを与えるスキル。

マインボトルは1500Zeny。威力はお墨付きなので金銭効率を取るか、ダメージ効率を取るかです。

スポンサーリンク

ホムンクルス強化Ⅰ

・各種ホムンクルスを以下のように強化する
・リーフ:MaxHP+(スキルLv×2000)、Matk+(スキルLv×100)
・アミストル:Atk+(スキルLv×100)、攻撃速度+(スキルLv×5)%
・バニルミルト:Matk+(スキルLv×100)、Def+(スキルLv×40)
・エレノア:Atk+(スキルLv×100)、Def無視+(スキルLv×5)%
・スキル最大Lv:5

次に紹介するコールホムンクルスで呼ぶ、ホムンクルスの性能を上げるパッシブスキル。なぜ前提にコールホムンクルスがないのかが若干謎です。

かなりステータスが伸びるため、ホムンクルスを呼んで戦うならLv5推奨です。

上位2次職、クリエイターの「ホムンクルス強化Ⅱ」を取得する場合、このスキルのLv5が必要になります。

コールホムンクルス

・スキルLvに応じて、以下のホムンクルスを召喚する
・Lv1:リーフ Lv2:アミストル Lv3:バニルミルト Lv4:エレノア
・スキル最大Lv:4
・スキル使用距離:6.0m
・詠唱時間:1.0秒
・スキルディレイ:1.0秒
・SP消費:80

一緒に戦ってくれるホムンクルスを召喚するスキル。ホムンクルスはペットと同様にLvがあり、共に戦うことでLvが上昇。ペットと同時に呼ぶことも可能で、戦闘要員が増えます。

ヒーラーのリーフ、タンクのアミストル、魔法アタッカーのバニルミルト、物理アタッカーのエレノアとそれぞれ特徴、役割が分かれています。

ペットのように好感度の概念がなく、代わりにスキルをプレイヤーと同様に取得できます。スキルポイントはLv10毎に1ポイント。

また、基本的にスキルLvが調整できないラグマスですが、コレだけは別。Lv2以上取得するとスキル欄から召喚するホムンクルスを選んで召喚できます。ただし、同時に呼べるのは1体のみです。

アルケミストにだけ許されたもうひとつの育成コンテンツのような側面があります。せっかくアルケミストを選んだのなら、取得した方が間違いなく楽しくなるスキルです。

単純に戦闘力と見ても十分に強力。よほどの事情がない限りMaxLv取得推奨です。

スポンサーリンク

リザレクションホムンクルス

・戦闘不能になったホムンクルスをHP(スキルLv×25)%の状態で復活させる
・発動時、ブルージェムストーンを1個消費する
・スキル最大Lv:4
・スキル使用距離:6.0m
・詠唱時間:(8-スキルLv×2)秒
・スキルディレイ:1.0秒
・SP消費:60+スキルLv×20
・取得条件:コールホムンクルスLv1

ブルージェムストーンを使用し、戦闘不能になったホムンクルスを回復するスキル。ROでは触媒がいらなかったため注意。保険のためにいくつかブルージェムストーンは携帯しておきましょう。

Lv4まで上げると詠唱時間が0になり、即復活が可能です。

また、このスキルのLv1が次に紹介するライフサイキックの前提になります。

ライフサイキック

・自身のAtkとMatk-(10+スキルLv)%
・アミストルのAtk+{自身のAtk×(10+スキルLv×2)+自身のMatk×(スキルLv)}
・バニルミルトのMatk+{自身のAtk×(スキルLv)+自身のMatk×(10+スキルLv×2)}
・ヘルズプラントのダメージ+(スキルLv×2)
・スキル最大Lv:10
・効果時間:(100+スキルLv×20)秒
・スキル使用距離:6.0m
・スキルクールタイム:3.0秒
・スキルディレイ:1.0秒
・SP消費:16+スキルLv×4
・取得条件:リザレクションホムンクルスLv1

アルケミスト自身の物理攻撃力、魔法攻撃力をそれぞれ低下させる代わりに、アミストルとバニルミルトの攻撃力を高めるスキル。クリエイターのスキル、ヘルズプラントの威力も強化します。

上位2次職、クリエイターの「超生命論理」を取得する場合、このスキルのLv5が必要になります。

スポンサーリンク

おすすめ配分プラン別、スキル取得例

薬剤型、破壊型

アシッドテラーLv10、デモンストレーションLv5、斧修練Lv10、ホムンクルス強化ⅠLv5、コールホムンクルスLv4、リザレクションホムンクルスLv1、残り5ポイント自由

この2種のタイプは取るものが同じになりそうなので、一緒に紹介。薬を使って戦い、敵の装備品を破壊していくスタイルです。

ただ、薬を使って戦うと出費がハンパないです。日頃はカートレボリューションを使い、ここぞという時にだけ薬を使いましょう。

ファーマシーLv5を取得しておくとクリエイターに転職後、ポーション投擲がスムーズに習得できます。ファーマシー自体は使いにくいので、前提分で良いかと。

召喚型

スフィアーマインLv5、スフィアーパラサイトLv5、ホムンクルス強化ⅠLv5、コールホムンクルスLv4、リザレクションホムンクルスLv4、ライフサイキックLv10、残り7ポイント自由

召喚系スキルを網羅したタイプ。ホムンクルスを攻撃の中心にし、自分はマリンスフィアーを使って戦います。

あえてスフィアー系をバッサリ切って、アシッドテラーなどを取得するのも手。ホムンクルス系だけだとスキルポイントに余裕があるので、自分のスタイルに合わせて取得しましょう。


その他のクラススキルが気になる人は、こちらもどうぞ!

以上だ! また会おう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラグナロク マスターズ
ふーらいをフォローする
ふーらいの思うこと