【思うこと】世界中で物価高を理由にデモや暴動が起こっているけど、それって政府や政治で簡単に解決できる問題なのかな

どうも。ちょっとこの手の話は冷ややかな目で見ています、ふーらいです。

物価高、辛いです。収入は増えるどころか減ったりするのに、消費はどんどん増えますね。世界ではデモや暴動で騒がしくなっています。

こういう感じになると政治が悪い政府がダメだって話にあちこちでなるので、持論を書きます。

スポンサーリンク

ひとつの国で改善出来る限界

賃金は上がらないのに、生活費への負担だけが増える。それは確かに不満です。

しかしインフレ自体は元々エネルギー問題に加え、コロナ禍も後押しして食料品などの一次生産品が供給不足に陥っています。ロシアのウクライナ侵攻がさらにこれらを加速させてしまいました。

つまり賃金が上がる理由はないけれど、負担が増える理由が山ほどある状態なんですよね。そもそも責任は誰かって話で言えばウクライナの戦争はロシアのせいだし、コロナ禍は中国のせいです。

でまぁ……こんな流れを政府の関係者を変更して、政治の方向を変えただけで改善するでしょうか? 足りない小麦や石油が増えて、ロシアが戦争を止めて和平交渉を進めるのでしょうか?

日本でも参議院選挙が近く、この手の話で主に野党支持の主張が止まりません。野党が仮に政権を握ったとして、この世界的なエネルギーや食料不足を物理的に解決する術があるように思えません。

そもそも日本は石油が取れるワケでもなく、太陽光を始めとした再生可能エネルギーも気候と地形からまったく役に立ちません。日本が何かをしたからといって、エネルギーは増えないのです。

スポンサーリンク

魔法の杖はない

私たちは常日頃からさまざまな問題、悩みと戦っています。

政治は大切です。私も無意味だなって感じつつも、しっかりと投票には行きますよ。私にも一応政治的主張ってものが存在しないワケではないですから。

しかし、政治は魔法ではありません。どうにも多くの人々が、自分に起こる問題は何か別の悪い存在のせいで、その存在を消すことによって問題が解決すると信じて行動しているように見えます。

政府の方針が変わった瞬間に、石油や電気が溢れ出たり、コロナウイルスが死滅したり、食料品が大量に増殖したりしません。

本来は世界中で足並みを揃えるべきだが

じゃあどうするのがベストかって言うと、世界で問題を共有し、足並みを揃えて解決するしかないでしょう。

一次生産品が少ないなら、気候や地形の適した場所で生産を増やしていく。戦争をしている場合ではないので、ロシアを始め戦争の類は全部止めましょうねと。

……で? 出来ないじゃん? そんなん。

ロシアの経済制裁だって、全世界が踏み切ればアッサリと終わりますよ。でもロシアに協力する国が出てくるし、安くなったエネルギーを仕入れたい国もいるし、結局は足並みが揃わない。

で、ダラダラやってるから戦争は終わらないし、制裁が長引いてエネルギー枯渇した国が泣き出す。スッとやったらサッと終わることが、みんなバラバラにやるからちっとも片付きません。

物事というのは参加者全員が思想や理想を一旦置いておき、全員が同じ動きをすることであっという間に解決出来ることがほとんどなんですけどね。

 

以上だ! また会おう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お金のこと思うこと
ふーらいをフォローする
ふーらいの思うこと