他人が教えてくれる「稼げる話」は全部ウソだ

ごあいさつ

どうも、ふーらいです。

私一応ですが、自営業もしてたので結構怪しい話も流れてきたことがあります。こうしたら稼げますよ、投資額はたったのこれだけで――みたいなの。

ですので、ここでハッキリと述べておきたいと思います。

どんだけ歳を取っても「儲け話」に騙され難くなる、シンプルな鉄則を!

スポンサーリンク

他人が教えてくれる「稼げる話」は全部ウソだ

ウソですよ

本当に稼げるなら全部自分でやればいいじゃん? そう思いません?

だいたい、なんで赤の他人に稼げる情報を教えるんですか?

マンション購入の勧誘なんかまさにそれ。そんなに儲かって、税金でも有利なら、勧誘してくるあなたの会社で全力挙げてやればいいじゃないですか。

営業は「知らないお客に商品を知ってもらえれば売れる!」ってのを心情にしていますが、カルト宗教団体と同レベルだと思う。

銀行に融資を依頼して、その会社でマンションでもなんでも建てればいいんです。

その儲け話が本当に魅力的なら、銀行も事業計画を見て納得し、喜んで貸してくれますよ?


あなたはもし、本当に100%儲かる方法を発見したとして、それを他人に無料でいきなり教えますか?

まして、赤の他人に、個人情報をお金出して買ってまで、ひとりひとりに電話を総当りでかけて教えようと思いますか? 人によっては、家族にすら教えない情報ではないですか?

赤の他人が、こっちが何も調べていないのに提供してくる儲け話なんて100%ウソです。

もっと言おう。

もっと言う

5000兆%ウソです

なぜ教えるのかを考えてください。

その儲け話を相手が飲んでくれれば、ソイツの懐にお金が入るからですよ。

そうじゃなければ、誰が好き好んで電話勧誘なんかやるんでしょうか。

自分で能動的に得た情報じゃない「儲け話」なんて、全部ウソです。

これだけは本当に、肝に銘じておいてください。ここを徹底するだけで、詐欺に合う可能性はかなり減らせます。

何もしてないのに、美味しい話が転がり込んでくる――そんなこと、作り話の中だけです。

時折、本当に転がり込んできた人もいますが、そういう人はそれはそれで、全然別のことで努力してるタイプの人です。

ある仕事をしていて「じゃあこういう仕事もしてみない?」と勧められたとか。必ず前提に何か行動が伴っています。寝てたら転がってきたような、甘いもんじゃありません。

100%稼げる案件なんて、この世に存在しない

お金は大事

たとえば私、日本円を仮想通貨にして増やしたり減らしたりしています(→カテゴリー:仮想通貨)。増えることもありますが、減ることもあるんですよ。

この世に100%稼げる方法は存在しません。


ちなみに100%ではありませんが、超高確率でお金を稼ぐ方法はたったひとつだけですが、あります。

魅力的だと思いますか?

私は大変親切なので、ここを読んでいる方にだけ特別にその方法をお教えしましょう!
(本当はこの口調の時点で信用できないヤツと思ってくださいませ)

それは――

時給制の仕事をすることです。

会社が不払いでそのままトンズラするとかがない限りは、かなりの高確率でお金を得ることができます。正社員のように厳しい就職活動や、ノルマに追われることも少ないです。

でも、皆が望む稼げるって話はこういうことじゃないですよね? 働かずにお金を稼ぎたい、云わば不労所得ですよね。しかも時給制みたいな安い給料じゃない。

さらに、失敗するリスクはいらないですよね。確実に稼ぎたい――

そんな金のなる木はこの世界に存在しません。

空想のシロモノです。そんな魔法のアイテムを人が教えにきた時点で、その人物は信用に値しないヤツですよ。

給付金が受け取れます系の詐欺にも注意

そんなもんよ

日本では税金の払い過ぎ(しかも強制的に持っていく)ですら、こちらから申請を行った上で全てが完了してから2~3ヶ月かけて、はじめて戻ってきます。

「○○するだけで還付金が受け取れますよ!」

なんて、そんなことあり得ないです。

国は全く教えてくれないか、教えてくれるにしても書面です。

さらに、必要な書類は自分で用意したり、最後に郵便として発送するまで、全部こちらのお仕事です。もちろん、書類を集める手数料や時間も全部自己負担。

電話一本で貰えるようなものでは、断じてありません。

まとめ

ふーらい

  • 他人が教える「儲け話」なんて全部ウソなので耳を貸さない!
  • お金が受け取れる系も注意! 国ですら受け取るだけでも面倒なんだぞ!

簡単に大金がリスクなく手に入るようなことは、存在しません!

まして、赤の他人が教えてくる「儲け話」なんて……

ほならね

なら、お前がやれや!

以上だ! また会おう!!

スポンサーリンク
関連コンテンツユニット

フォローする