【ウマ娘】短距離差しならこのウマ娘! キングヘイローの効率良い育成方法まとめ

どうも、短距離レジェンドレースはサクラバクシンオーで勝っていますが、相手がバクシンだと出せないので急遽キングヘイローを育てています。ふーらいです。

▲レジェンドレースの報酬で開花完了

目標レースや適正にクセがあり、育成難易度はやや高めなキングヘイロー。育成のコツや、シーズンの過ごし方を簡単にまとめておきます。

なお、育成の基本方針についてはこちらの記事を参照してください。

スポンサーリンク

マイル、中距離適正と脚質先行をAにしておく

▲このままの適正だとかなりしんどい

本人の適正は短距離のみA。しかし目標レースにジュニア級でホープフルS、クラシック級で皐月賞と日本ダービー5着以内、最後の目標がシニア級天皇賞(秋)1着と、そのままだと苦戦は必至。

また、ファン数を稼ぎたい関係上、G1マイルレースに多く出します。NHKマイル、マイルチャンピオンシップなどに出走し、URAファイナルズをマイルにしたい目的もあります。

本当は短距離にした方がもっとURAは楽になりますが、短距離かつ芝のG1レースはかなり少ない(高松宮記念、スプリンターズS)ので、マイルでのファン数獲得&URA調整がオススメです。

さらに、シニア級の短距離転換後に作戦を差しでいくと、不安定なレース結果になりがち。

これは作戦差しで短距離だと加速できる距離が短く、ちょっとしたブロックであっさり1着を逃すことが多いため。ステータスを余裕で満たしても、勝ちが今ひとつ安定しません。

こういった負けを避けるために「垂れウマ回避」などのポジション系スキルを取得して、パワー、賢さを上げるのですが、育成中にすべてを揃えるのは難しいです。

そこで、シナリオクリアに関しては短距離戦での作戦を先行にした方が無難。何なら全レース先行でもOK。幸い、上記に上げた適正は全てBなので、継承で簡単にAにできます。

サポートカード

▲編成例

差しなのでウォッカ、オグリキャップがいると便利。特にウォッカはレアスキルが無駄にならない(持久力回復だが、短距離でもあった方が安定はする)ので美味しいです。

他は差しスキルの多いエイシンフラッシュ、短距離スキル狙いのビコーペガサスなども適任。スピード2、パワー2、賢さ2がベストなバランスかと。友人を使う場合は賢さから抜くと良いです。

育成を距離に関わらず全て作戦先行で行う場合、差しのスキルは取得しても効果がないため後回しにしても構いません。

スポンサーリンク

実際のシーズン別育成方針

ジュニア級

最終的に差しを目指すならスピード=パワー>賢さくらいの配分を目標にトレーニング。スタミナは12月後半のホープフルまでにF+にはしておきたいです。

出走させたいレース
・朝日杯フューチュリティステークス(12月前半)
・デビュー後にファン数が1000未満の場合のみ、京王杯ジュニアステークス(11月前半)

クラシック級

とりあえず皐月賞までにスタミナをE以上に。皐月賞、日本ダービー共に5着以内ならOKですが、2400mのダービーはともかく皐月賞は2000mなので、まぁまぁの率で1着を取れます。

ダービーで勝つ場合はE+必須。安定して勝つなら回復スキルも欲しいですが、スタミナを相当鍛えることになるためこの辺は好み。ダービーで勝っておくと、ファン数獲得がかなり楽にはなります。

なお、3000mの菊花賞は出走のみ条件なので負けてOK。6着以下だとマイナススキルを付けられる可能性がありますが、ここはもう運次第。

どうしても勝つ場合は長距離適性と高いスタミナ、回復レアスキルのいずれかが必要です。

出走させたいレース
・NHKマイルカップ(5月前半)
・スプリンターズステークス(9月後半)
・マイルチャンピオンシップ(11月後半)

シニア級

最終目標である天皇賞(秋)が2000mなので、スタミナは低めにしておくにしてもD+は欲しいところ。とはいえ、ここまで来るとパワートレーニングで上がる分だけでも十分到達するハズ。

出走させたいレース
・ヴィクトリアマイル(5月前半)
・マイルチャンピオンシップ(11月後半)

以上だ! また会おう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ウマ娘プリティダービー
ふーらいをフォローする
ふーらいの思うこと